美容整形は自分を変える究極の方法! 人生が変わった3つのこととは?

「美容整形をする前に知っておきたいたった1つのこと」の続き。

元ブサイク。ただ、キレイになりたくてサクッと美容整形してみました。

6回も手術をくり返したら、まあまあ見れる顔になって生活が激変。顔と生活が変わると、人生も変わるものです。

でも、具体的にどう人生が変わったのか? 人生が変わったこと、それは「考え方」・「異性」・「行動」の3つです。

ブサイクだったころのわたしは心までブサイクだった

photo-1432838765905-6881a8585474

自分がどう見られているのか、過剰に気にする。

例えば、つねに「ブサイク、キモいって思われているんじゃないか?」とか。

自信のなさから常に外見を気にしてしまうので、コミュニケーションがうまくとれないことも。

人間関係を作っていくのが下手くそでした。

このネガティブな考え方は、仕事にも影響が。

高校時代は太っていたし、なかなかのブサイクでした。

バイト先は地元にあるパン屋さん。しかし、ブサイクに接客業はつらい。

自分がどう見られているのか、ずーっと気にしなければいけません。

どんどん自分に自信がなくなって、仕事では「出来ないやつだと思われているんじゃないか」とも思うようになります。

こういうネガティブな考えは、仕事にも影響が出てました。

テンパってミスが多いとか、赤面してしまうとか、冷や汗をかくとか。

根は真面目だったので仕事はしっかりやろうと思っていたけど、なんか空回りしてしまうんですよね。

ダメな自分につらくなり退職。人と関わらない仕事を選ぶようになりました。

そして、ブサイクを1番こじらせていた中学時代。

父と死別した直後ということもあり、生活は最悪。自暴自棄でした。

「どうせ私はブサイクだから」と考える日々。人にも会いたくないし、見られるのも辛い。

何もやる気が起きなくて、ずっと引きこもりな生活でした。

心のモヤモヤを解消するために、やることは過食だけ。

家事も掃除もろくにしない。食べて寝ての生活だけ。今思うとめっちゃヤバイ生活していましたね〜。

【考え方】美容整形をしてネガティブからポジティブに!

photo-1470163395405-d2b80e7450ed

美容整形をしてブサイクから、まあまあ見れる顔になりました。

ネガティブだった考え方は減りました。急に減ったというわけではなく、徐々に減っていったという感じ。

というのも、そういえば生活が変わってきてるなということが増えたから。

友達については、少ないながらにもいます。

外見を過剰に気にする必要がなくなったからでしょう。

初対面の人と話すのもブサイクなころと比べると全然平気にはなりました。

知らない人と笑顔で挨拶できるようにもなったし、知らないおばちゃんとも明るく話せるようになりました。

生活の中で人と関わるときに辛かったことが、ほんとにラク〜になりました。

水商売にチャレンジできるほどポジティブになった

22歳のころには水商売の仕事をするまでになったので、かなり成長!(1年でやめたけど)

人と関わりやすくなって、女の美しさまでも売るようになったわけです。

とういうことは、ネガティブさは減り、ポジティブになれた証拠です。

ずーっと引きこもって過食ばかりの生活も卒業! 普通な生活してます。

在宅で仕事をしているので、外に働きに出ることはないです。

でも、スーパーに行ったりもするしちょっとウォーキングがてら外出します。

ブサイクをこじらせていたころは、人と関わりたくないから何かと理由をつけて予定を断ったりしていたのに。

予定が入ればどこにでも行けるくらいにはなったので、激変!とまではいきませんが、こう見ると大きい変化ですよね〜。

【異性】男性から「1人の女性」として扱われるようになった

165atvpztxgmxu1azudy_img_8468

ブサイクってだけで恋愛対象外になるんです。

見るにもたえないほどのブサイクだったので、男性からは一瞬で恋愛対象外。

ブサイクとキスできます? ブサイクと一線をこえる想像なんて、できませんよね。

恋愛市場において、ブサイクはモノ扱いというか、もはや空気。見てもらうことすらできないんです。

美容整形をくり返して顔が変わると、男性からの扱いも変わりました

それは18歳のころ。ピチピチの大学1年でした。

18歳で初めての彼氏ができたのをきっかけに男性と関わる機会も増えた!

男友達もできるようになって、何人かで遊びに行ったこともあれば、デートっぽいこともしました。

彼氏いない歴=年齢だったのに、ついに初めての彼氏ができた! 彼氏ができるということは恋愛対象内に入れてもらえたってことです。

町中で声をかけられることもあったり、1度だけ痴漢を経験。(いいことではないけど)

水商売をしているころは、「愛人にならない?」、「食事行かない?」というお誘いまで受けるまでに。

男性とLINE交換することも増えて、いまでは連絡先の半分くらいは男性です。

ブサイクだったころは友人すらおらず、連絡先は親族くらいでした。メールすら入らない日々。

自分で適当にメルマガ登録をして、ケータイが鳴るようにしていたくらいです。

連絡をとる人もいなかったので、携帯を解約したこともあります。

こうやって男性からの扱いがガラッと変わってきたことで、分かったことがあります。

つくづく男性は外見しか見ていなんです。

初めのころは異性としてみてもらえることが嬉しかったですが、今ではちょっとウザイなっと思う人まで出てきました。

ここまで思えるようになったのも成長! 今では45歳の彼氏をゲットして毎日ほのぼのと同棲生活してます。

カレと過ごしている時間はとても居心地がいいです。

こう思わせてくれる男性ってあんまりいないんですよ。いい男をゲットできるまでになったんだだな〜。

【行動】生活の充実度が上がってきた

photo-1414690165279-49ab0a9a7e66

ブサイクだったころのわたしは、どんでもない生活をしていたこともあります。と

んでもないって、どのっくらいだったのか?

もう、中身までブサイク。服は同じのしかきない、髪の毛は伸ばし放題、何日もお風呂にも入らない時まで。

生活スタイルは食べて寝てばっかり。

ネガティブの塊だったので何もやりたいこともないし、もう人生どうなってもいいや〜。と、そんなことばかりだったな。

今では生活に対しての考え方が変わってきました。食事、睡眠、運動、掃除や家事まで。

外見が変われば行動も変わる

顔が変わったことで外見にも気を使うようになります。

ブサイクを1番こじらせていた中学時代は、スキンケアもせず髪も伸ばし放題でおしゃれもせずにいました。

肌はカサカサ、髪はパサパサ、服は同じのを着回す。魅力なし!

顔を出すのがイヤだったから、顔がかくれるくらい前髪を伸ばしっぱなしだったことも。

中学生時代は引きこもり・不登校だったのを心配して、子供専門の精神科に連れて行かれたこともありました。

その時の先生に、「その前髪、邪魔じゃないの?」と言われた記憶があります。

そのっくらい伸ばしてました。カウンセリングのために外出するのが辛くて、結局行かなくなったんですけどね。

自分はブサイクで価値がないという考えがあったから、なんというかこう自分を大切にしていなかったんでしょう。

どうせ私はブサイクだから、「おしゃれをしても意味がいないし、何やったってどうせダメだ」と、毎日考えていました。

今では美しくなるすべてのことが、趣味にまでなりました。

1番はブサイクだったころと比べると、化粧映えしやすくなったのは嬉しいポイントですね。

まとめ

美容整形をして自分が変わったことは「考え方」・「異性」・「行動」の3つでした。

美容整形は顔を変えるだけではなく、生活を変える方法でもあります。

そして、生活が変わることで「美容整形は自分を変える究極の方法」になります。

美容整形ってやってみないとわからない。

だけど、人生が変わったという証明は、わたし自身がしています。

小顔注射(BNLS)LP
▲美容整形するなら大手の湘南美容外科

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形でブサイクから生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間6万PV】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※今年の2月に顔面骨格の美容整形をうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします