ぶんぶんチョッパーレシピ第2弾! ヘルシーなキーマカレーを作ってみた

ぶんぶんチョッパーレシピ第2弾! 今回は、ヘルシーなキーマカレーを作りました!

今回の作ったキーマカレーのポイントは、「ヘルシー・簡単・高タンパク質」の3つ!

ヘルシーな理由は低脂肪。油は大さじ1しか使わず、鶏むね肉の皮もなし! しかも、わたしは面倒なことが嫌いで、簡単に作れるのが大前提。難しいことも一切ございません。

筋トレをしているという理由もあって、高タンパク質も重視しています。

筋トレをされている方、ダイエット中の方におすすめのレシピです。

▼関連記事
ぶんぶんチョッパーでひき肉は作れるの? 鶏むね肉を使って激安ハンバーグを作ってみた話
筋トレは女性こそやるべきエクササイズ! 私が実感した身体の変化と5つの効果

キーマカレーの材料一覧(とにかく大量に作れる分量)

(具材)
・セロリ…1本
・人参…1本
・鶏むね肉…2枚(皮なし)
・トマト缶…1缶

(調味料系)
・油…大さじ1くらい
・塩…適量
・こしょう…適量
・カレー粉…大さじ1.5杯〜2杯
・中濃ソース…フライパン2回りくらい
・ショウガ…たっぷり
・にんにく…たっぷり

(用意するもの)
①ぶんぶんチョッパー

 

・フライパン

ちなみに、いつも登場するフライパンは南部鉄器(なんぶてっき)製。煮るも焼くもよし! 多機能なので助かってます。

調味料についてコメント

▲定番のS&Bのカレー粉。

カレー粉は安いものを使いましたが、本当になんでも大丈夫。

どこのカレー粉を使えばいいか分からない方は、S&Bのカレー粉がオススメ!

スーパーならどこでも売っているので入手しやすいし、ハズレはないかと。

ヘルシーさを求めるなら、使う油はこだわるのがベスト。

なので、使う油はココナッツオイル推薦です。

ココナッツオイルの健康効果については、中和脂肪酸がふくまれているのでエネルギー代謝に変換しやすく、酸化しにくい特徴があって…はなしが長くなりそうなのでハショリましょう。

▲愛用しているココナッツオイル。

とりあえず健康的な油だよ!ってことで、我が家では上記のココナッツオイルを愛用中。

ほのかにココナッツの香りがします。スパイシーな料理とココナッツオイルは相性がいいですね。エスニックっぽさが出るし、健康的!

キーマカレーの作り方

作り方①具材をすべてみじん切りにする

すべての具材をみじん切りにしていきます。使う具材は「人参、セロリ、玉ねぎ、鶏むね肉」の4つ。各それぞれ一口サイズに切って、ぶんぶんチョッパーに入れていきましょう!

dav
▲玉ねぎをみじん切りにした図。セロリ、玉ねぎは柔らかいので引く回数は7〜8回で十分。

▲鶏むね肉をみじん切りにすると、こんな感じ。10回以上は引っぱっています。

▲人参は固いので、小さめに切ってから入れるといいです。様子を見ながら10回以上は引きましょう。

みじん切りにする具材は多いですが、ぶんぶんチョッパーがあればかなり時短に! 包丁でやるよりも断然ラクですね〜。

作り方②鶏胸肉と野菜を炒める

次は、具材を炒めていきましょう! まずは鶏むね肉から炒めていきます。

▲フライパンに鶏むね肉を投入した図。

あたためたフライパン、にココナッツオイルを入れて(大さじ1)鶏むね肉をボーンと投入! 上からショウガ・にんにく・塩コショウを入れます。

▲鶏むね肉が炒めおわった図。

鶏むね肉全体が白っぽくなるまで、炒めましょう。そして、ここで一旦ストップ。野菜を入れていきます。

▲みじん切りの野菜を投入した図。

みじん切りにした野菜を、全部入れていきます。ドーンとダイナミックに! 全部入れちゃいましょう!

▲しんなりしてくるまで炒めていきます。

作り方③カレー粉とトマト缶を入れる

野菜がしんなりしてきたら、カレー粉(大さじ1.5)を入れていきます。

▲カレー粉を投入した図。

ドサッと。こんな感じで。 料理におしとやかさは不要です。ドサッと、バサッと! よくかき混ぜたら、次はホールトマト缶をすべて投入していきます。

▲ホールトマト缶を投入した図。トマトのツヤ感が美しい・・・。

トマトを潰しながら、全体的に混ぜていきます。ここではホールトマト缶を使っていますが、カットトマト缶でもOKです。

なんとなくホールトマト缶の方が、美味しいような気がして使ってます(笑)味が濃いというか、旨味があるというか。つぶすのが面倒なら、カットトマト缶でいきましょう!

作り方④中濃ソースを入れて10〜15分ほど煮込む

トマト缶が全体的に混ざったら、中濃ソースを入れていきます。

▲わたしは、フライパン二回りくらい入れました。味を見ながら、お好みで調節しましょう。酸味が強かったら、お砂糖などの甘味料をいれていもいいし、味が薄かったら塩を追加してみてください。

フタはせずに10〜15分ほど、中火で煮ていきます。時々様子を見つつ、かき混ぜてくださいね。

作り方⑤水気が飛んできたら完成!

▲キーマカレーを煮込んだ図。

水気が少なくなるまで煮込んでいきましょう。目安としては上記のような感じ。全体的にとろみがついて、ジャバジャバな汁っぽさがなくなるくらいですかね〜。

あっつあつなので、味見のときは注意です。

ご飯がモリモリすすむ禁断のキーマカレー

▲ヘルシーなキーマカレーの完成図。

ごはんとキーマカレーを盛り付けて完成! カレ(大阪人)に食べてもらいました。するとこんな一言が。

鶏むね肉をここまで美味しく作れるなんて、天才やな、あんた」。

天才いただきました!! あざっす!!

写真にはのせていないんですけど、半熟卵との相性はバツグンです。トロトロの半熟卵に、スパイシーなキーマカレー・・・。ごはんがモリモリ進んじゃいますね。あー、書いてる本人が食べたくなってきた。

関連商品まとめ

 

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形で生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間5万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※顔面骨格の美容整形を今年の2月にうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします