22歳年上彼氏の浮気を疑って得た5つの教訓

こんにちは、筋トレ&美容整形大好きWebライターのseina(@st_0905)です。

この間浮気騒動があったことを、ちゃっかりブログネタにしていこうと思います。笑

年上のカレとは、同棲をして1年がすぎました。ですが、ある日、カレの行動がいつもと違うので、もしかしたら浮気をしているのでは? と、怪しくみえることがありました。

22歳の年の差はありますが若くみえるし、一部の女性から強烈にモテそうな雰囲気があります。

だから、浮気していることだってあるかもしれないと…。

疑心暗鬼にたえきれなくなり、真相を聞き出しました。

その結果、内緒で女性とご飯にいっていたのは事実だけど、どうやら仕事関係の人だったようです。心配かけたくなかったから、黙っていたんだとか。

しばらくしてこの件をふりかえってみると、いくつか得た教訓があることに気がつきました。

その教訓とはなんなのか? 今回は「22歳年上彼氏の浮気を疑って得た5つの教訓」をテーマにまとめていきます。

▼関連記事
【年の差婚】23歳の私がなぜ45歳のオジサンと婚約する道を選んだのか|美しくなければ生きていけない
浮気騒動がありつつも、無事に婚約しました。笑

教訓①:浮気している確証がないならケータイは見ないに限る

浮気をしている可能性が高い場合、「早くケータイを見て事実かどうかを確認したほうがいいんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

確かに、この意見には一理あります。

パートナーが浮気をしていそうなら、早く発覚させるに越したことはありません。浮気者と知りながら、ズルズルと付き合っている方が時間のムダですから。

ですが、「この人、絶対浮気しているな」という確証が薄いのであれば、ケータイを見ないに限ります。

というのも、実際にわたしは、「彼の行動がいつもと少しちがう」、「もしかしたら浮気の線もありえるかな」という、ものすごく薄い確証だけで、ケータイをチェックしてしまいました。

するとどうでしょう。

これといって、絶対に浮気だ! といえるものが出てきません。

反対に、誰かとのLINE、SNSのやり取り、着信履歴…すべて怪しくみえてしまい、キリがないのです。

いや、それか証拠に残らないように消したのかもしれない。と、モヤモヤがエンドレスで続きます。

また、ケータイを勝手にみるというのは、いくらパートナーであっても他人のプライベートにズカズカ踏み込むようなもの。信頼を失うことだってあります。

なので、「絶対浮気しているだろうコイツ」という絶対的な自信がないなら、ケータイをみてもモヤモヤがふくらむだけで、信用を失うことだってあります。

確実な確証がないなら、ケータイは見ないほうが身のためかもしれないですね。

教訓②:浮気を問い詰める時は感情的にならない

浮気を疑ったときの対処法って知っていますか?

わたしはどうしたらいいのか分からなかったので、「彼氏 浮気 対処法」とグーグルで検索してみました。

グーグルに頼るなんてあれなんですけど。笑

そうすると、どの記事でも「浮気を問い詰めるときは、感情的にならないようにしましょう」と、のっていました。

女性から感情的に問い詰められると、逃げ場がなくなってしまい、話したいことも話せなくなるんだとか。

男性の立場になってみると、ギャーギャーヒステリックにこられると話し合いにもならないですからね。むしろ怖いw

なので、感情的にならないことを参考にして、はなしてみることにしました。

本当は泣きたいのをグッとおさえつつ、言葉を選びながら気持ちを伝えるわたし。するとカレは、淡々と事実をはなしてくれて、スムーズに解決したんです!

もしかしたら、わたしが感情的にならなかったからこそ、カレがはなしやすかったのかもしれません。(本当に浮気をしていなかったから、正直にはなしてくれたというのも大きいかもしれませんが)

やはり、こういったパートナーとのことは、話し合いが大切ですよね。ウヤムヤにしていては解決できません。

本当は泣きたいし、怒りたいけど、ここは一歩下がって大人になり「お互いがはなしやすくなる環境を作る」というのも、重要だと学びました。

教訓③:「浮気したら◯◯だからね」とクギを刺す

ツイッターで「浮気をしないようにしっかり管理してくれないと、他の女性に目がいくかも」のようなツイートをみかけました。(ツイートを探したんですが見つかりませんでした)

このツイートをすべて真に受けるわけではありませんが、確かにそうだなと思う点もあります。

これまでカレとはお互いに信頼関係も、愛情もしっかりあると自信がありましたし、わたしのことを1番だと思ってくれているという確信もありました。

なので、浮気をしたらウンヌンといったはなしは、今までしてきませんでした。でも、あまりに信用しすぎて、野放しなのもどうなのかと思う部分もあるわけです。

いちいち浮気を疑うような、うざい女にはなりたくはなかったけど、チクリと「浮気したら別れるからね」とクギを刺してみました。

やっぱり言われた側は、怖いもんですよね。これで、他の女性に目移りしないようになればいいんですけど。

別に、「浮気したら別れるからね」だけじゃなくてもいいんですよ。

例えば、「浮気したら罰金〇〇万円だからね」とか、「浮気したら針千本飲ますからね」とか。

これだけではリアリティーがないようなら、相手がめちゃくちゃ困るようなことを考えて〇〇の部分に入れてみましょう。

「浮気したら刺すからね」は、言われたほうはかなり怖いので使えますよw

教訓④:一緒に暮らしていても最低限キレイでいるのは当たり前か

一緒に暮らしていると、一日中パジャマ姿ですごすことはよくあります。メイクをしない日のほうが多いです。

手抜きになってしまうことが多いですが、たとえ一緒に暮らしていても、いつまでも女性としてみてもらえるように「最低限キレイでいる努力」はしておかないとな〜と、改めて思いました。

付き合っているときは外で会うことが大半でしょうから、身なりを整え、おめかしをしたキレイな姿をみせることができます。

要は、交際の段階では、相手のいい部分しかみえていないわけです。

しかし、ひとつ屋根の下ですごすとなれば、毎日着飾って、いい部分だけをみせようとするなんてムリですよね?

やっぱり、家の中ではリラックスしていたいし、スッピンでパジャマ姿のわたしも受け入れてもらいたい。女性なら「ありのままの自分」を受け入れてもらいたい気持ちは、少なからずあるでしょう。

ですが、ここで注意したいのは「ありのままの自分をみせるのにも限度がある」ことを理解することです。

髪の毛はボサボサで、毎日お風呂に入らない。何日も同じ服を着ていて、眉毛もムダ毛も生やしっぱなし。

さすがにここまではないでしょうが、家の中で「履き違えたありのままの自分」をみせすぎてしまうと、女性としてみてもらえなくなるのは確実。

そもそも清潔感がないですから、異性として意識できないですよね。彼女を女性として意識できなくなれば、他の女性に目がいってしまうのもムリもありません。

「ありのままの自分」といえば、美輪明宏さんがこんな名言を残しています↓

毎日キメッキメでいなければいけないわけではありません。しかし、「最低限キレイでいる努力」は必要ということです。

家の中では水洗いした大根くらいが、女性としてみてもらえるボーダーラインでしょうか。スッピンでもいいけど、スキンケアはする。リップをぬる、爪はキレイにする、ムダ毛をそのままにしないとか。

個人的には、おならやゲップなど、生理現象も気をつけたほうがいいと思ってます。笑

親しき仲にも礼儀ありという言葉がありますが、まさにその通り。いくら付き合いが長くても、みられている意識や、緊張感は持つべきですよね。

教訓⑤:たくさん会話をすることこそが浮気防止

浮気騒動があったあとに、カレとこんなはなしをしました。

浮気しないように、されないようにするにはどうしたらいいんだろうね?」と。

わたしは「お互い異性として意識できるように努力する」とか、「お互いを思いやる」かな〜なんて考えましたが
結論は意外と身近なところにありました。

それは、初歩的なコミュニケーションの「会話をたくさんすること」です。

そもそもコミュニケーションには、色々な方法があります。代表的なコミュニケーション方法といえば、ハグ・キスなど。

身体にふれること=コミュニケーションという強いイメージを持ちますが、忘れてはいけないのは「会話」も重要なコミュニケーションの1つです。

会話なんて当たり前じゃない? でも、この当たり前が大切なんですよ

意思の疎通をとるために会話は絶対的に必要ですし、友人と仲良くなるためにも会話はかかせません。

女性同士であれば、女子トークと称しておしゃべりタイムを楽しみますよね。はじめて会った人とだって、お互いを知るのにまずは会話からはじめます。

というように、会話は人との関係を深められる重要なツールでもあり、なおかつ今すぐにでもできるコミュニケーションなわけです。

しかしながら、付き合いの長いカップルあるあるですが、「あれ」、「それ」、「これ」を多用した会話をしがちですよね。

つねに一緒にいるわけですから、はなすことだって少なくなってくるかもしれません。

でも、ここで会話をおろそかにしてはダメ!

パートナーに興味をもち、たくさん会話をして、深い関係を築くこと。

深い関係を築ければ、他人が介入するスキはなくなり、邪魔をしにくる気だって起きなくなります。仲がいいところにわざわざ踏み込んでくるような人は少ないでしょう。

はたまた、パートナーと仲がよければ、他の異性に気を取られることだってないはずです。

つまり、たくさん会話をすることは、パートナーと簡単によい関係を築け、浮気防止のバリアをはることだってできるわけです!

会話しなければもったいない。

目の前にいるパートナーの浮気を疑ったり、浮気されたらどうしようだとか考える前に、ちゃんと会話をしてコミュニケーションをとるべきだなと。

これからもたくさん、おしゃべりします!

まとめ

22歳年上彼氏の浮気を疑って得た教訓は、以下の5つでした。

①浮気している確証がないならケータイは見ないに限る
②浮気を問い詰める時は感情的にならない
③「浮気したら◯◯だからね」とクギを刺す
④一緒に暮らしていても最低限キレイでいるのは当たり前
⑤たくさん会話をすることこそが浮気防止

浮気を疑ったという超プライベートなこともブログにできるんだから、面白いもんですよね。

書いているわたし自身、スッキリできました!

では、今日はここまで…。

おすすめしたい記事

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/couple/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/weight-loss-food/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/cosmetic-surgery-5/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/maxfacsginza/”]

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形で生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間5万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※顔面骨格の美容整形を今年の2月にうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします