【Burvogueコルセット】洗い方の手順と気をつけたい3つのポイント

こんにちは、筋トレ・美容整形好きWebライター・ブロガーのseina(@st_0905)です。

相変わらずコルセットブームが続いていますよね。

おかげさまで、こちらは当ブログで上位に入るほど人気の記事です↓

▼関連記事
「コルセットでウエストをくびれさせよう大作戦」をはじめました!|美しくなければ生きていけない

コルセットは長時間着けているほどくびれるし、ウエストがスッキリしてくる。

わたし自身、着けていないと不安になるほどハマっています。

毎日着用してこそ、効果があるコルセットですが、長時間つけていると汗で蒸れてしまい、使い続けるたびに汚れてしまいます。

そこで先日、たまたまコルセットを洗う機会があったので、その手順を記事にすることにしました!

洗い方を簡単に説明すると、下着をを手洗いする要領と一緒。

しかも、トータルで15分もあれば終わるので、めちゃくちゃ簡単!

ただし、手洗いをする上で気をつけたいポイントがあります。

それらを含めながら、コルセットの洗い方を写真付きでまとめていきます。

コルセットを洗う上で気をつけたい3つのポイント

ポイント①:洗濯機で洗わずやさしく手洗いすること

コルセットを洗濯機で洗ってしまうと、激しい回転がおこるたコルセットが破損する可能性があります。

また、コルセットの金具部分が引っかかり、洗濯槽がきずついてしまうことも!

なので、コルセットを洗うときは、必ず手洗いしましょう

ポイント②:脱水は必ず洗濯ネットに入れて行うこと

コルセットをそのまま脱水にかけると、上記と同じようにコルセットが破損しやすくなり、洗濯槽がきずついてしまいます。

ですので、脱水をかけるときは「洗濯ネット」を必ず使用しましょう。

洗濯ネットを使えば、コルセットの金具部分が洗濯槽に当たることもなく、コルセットを傷めることもなく脱水できます。

ポイント③:洗ったらすぐ乾かすこと

コルセットの内部に入っている「スチールボーン」と、コルセットを閉じる部分の「バスク」はスチール製のため、

濡れたままにしておくと錆びてしまう可能性があります

脱水をかけたらそのままにせず、風通しのよい場所や室外に干して、すばやく乾かしてくださいね。

コルセットを洗う前に準備するもの

<準備するものリスト>
・コルセット
・洗濯ネット
・洗濯用洗剤(おしゃれ着洗い洗剤だとGOOD)
・洗面器など水をためられるもの

どのご家庭にあるものばかりですね。

おしゃれ着洗い用の洗剤を使えば、より素晴らしいです!

ちなみに、洗濯ネットとはこんなもの。

100円ショップに置いてありますので、ご自宅にないようならぜひ購入してみてください。

▲おしゃれ着洗い洗剤の「アクロン」。Amazonで評価が高かったので載せておきます。

▲Amazonを見ていたら便利そうなものを発見しました! 洗濯ネット、旅行用のパッキング、衣服の保管としても使用できるみたいです。

コルセットを洗う手順①〜⑧

手順①:洗面器などに水をはり、コルセットを入れる


ためた水の中に、コルセットを入れます。

わたしは今回、洗面所に水をためて洗いました。ですが、洗面器バケツなど、コルセットを洗えるものであれば何でも大丈夫です。

手順②:洗剤を入れる

実際に使った洗剤は「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」。洗濯で使用しているものをそのまま使いました。

おしゃれ着洗い用の「エマール」や「アクロン」などが望ましいようですが、汚れが落ちればいいので普段使っている洗濯洗剤で問題ないと思います。

どのくらい量を入れればいいのかというと、ほんのちょっとで大丈夫。

液体洗剤であれば、多めの水の中に対してこのくらいでOK!

粉末洗剤なら、サラサラ〜とかけるくらいでいいのではないでしょうか。

たくさん入れるとすすぎが大変なので、気持ち入れる程度で問題ありません。

今の洗濯洗剤って、少量でも汚れ落ちますからね!

手順③:優しくもみ洗いする

気持ちばかりの液体洗剤を投入!

やさしくもみ洗いしていきます。(洗いながら写真撮るの大変だった…。笑)

黒のコルセットなので、少し色落ちしてしまうんですよね。いや、汚れだったらどうしようかw

手順④:水を入れ替えて2〜3回すすぐ

水をためる→もみながらすすぐ→水を流す」の一連の流れを、2〜3回くり返しましょう。

洗剤は少量しか入れないので、すすぎは2回もやれば十分なはず。

もし、すすぎが足りないと感じたら、もう一度やってみてくださいね。

手順⑤:軽く絞る

すすぎが終わったら洗濯機で脱水をかけるのですが、そのままではビショビショなので軽く絞ります。

コルセットをくるくるっと丸めて両手でやさしく絞り、水気を切りましょう。

手順⑦:洗濯ネットに入れて脱水4〜5分かける

洗濯ネットに洗ったコルセットを入れて、脱水をかけていきます。

洗濯機に入れる前に、注意点が1つ。

紐がからまったら大変なので、蝶々結びにしてから洗濯機に入れましょう!

脱水は4〜5分もやれば十分です。

手順⑧:風通しのよい場所に干して乾かして完了!


天気がよかったので、ベランダで干してみました!

そういえば、コルセットの内側に「輪っかになったヒモ」があるのですが、これって何のためにあるんだろうな〜とずっと疑問でした。

コルセットを直接はさむと生地を傷めそうなので、その内側にあるヒモをはさんで干してみました。

使い方があっているか謎ですが、乾くのが早い気がするのでヨシとします。

まとめ

コルセットを洗う上で気をつけたいポイントは…

①洗濯機で洗わず優しく手洗いすること
②脱水は必ず洗濯ネットに入れて行うこと
③洗ったらすぐ乾かすこと

上記の3つ。

このポイントに気をつけながら、あとは下着を手洗いする感覚でコルセットを洗いましょう!

▼合わせて読みたい記事
・【Burvogueコルセット】サイズの選び方・ヒモの通し方の手順まとめ
・「コルセットでウエストをくびれさせよう大作戦」をはじめました!

関連商品まとめ

▲おしゃれ着洗いなら「アクロン」!

▲洗濯ネットだけではなく、旅行用のパッキング・衣服の保管にもぜひ。

▲相変わらず人気のコルセットはこちらから。

おすすめしたい記事

・マレーシア4泊5日の旅をすることになったので「海外旅行の基本チェックリスト」まとめる

・【トレーニー&ダイエッター必見】アップルファイバー入り低糖質プロテインパンケーキレシピ

・過食を根本治療するために管理栄養士に相談してみた 痩せる→リバウンドの連鎖に終止符を! 

・眠れない夜のストレス過食は美容の大敵! 自分を労わって予防しよう 

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形でブサイクから生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間6万PV】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※今年の2月に顔面骨格の美容整形をうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします