美容整形経験者の私が一重まぶたから平行型二重になった道のりとトータル金額を語る

はやく顔の骨格の手術がしたいと、夜な夜な美容整形のプランを考えているseina(@st_0905)です。

前回、二重整形をまとめた記事を書きました。

▼過去記事
二重整形したい人専用の1ページ! 手術の種類と比較・料金・具体的な手術プランをまとめました|美しくなければ生きていけない

この記事は、二重整形の記事の第一弾でした。

今回は第二弾となる、「美容整形経験者の私が一重まぶたから平行型二重になった道のり」について、書いていこうと思います。

一重まぶたことはどんな感じだったのか。

平行型二重になるためにどんな手術をしたのか。

そのためにかかったトータル金額はどのくらいなのか。

勝手に一人語りしていきます。

一重まぶただった頃を振り返ってみよう


▲ビフォーの目は一番上の画像を参照。

ご覧いただければわかる通り、美容整形をする前は腫れぼったい一重まぶたでした。

まぶたの皮フ自体が厚く、脂肪もそこそこありました。

そこそこというのは、脂肪の量はそこまで多くはないという意味です。

眼瞼下垂の手術中に執刀医が「脂肪の量はそこまで多くないですね〜」と言っていたので、腫れぼったさのほとんどは、分厚い皮フに原因があったようです。

なので、二重の切開ラインで切除しきれなかった余分な皮フは、ブロウリフト(眉上切開)・アイリフト(眉下切開)をして対処しました。

また、上記の写真は2008年頃で、10年近く前になります。

当時の記憶は、はるか彼方。

早く消し去りたい過去でもありますが、一重まぶたでどんな不都合があったのか、当時のことを思い出してみます。

・笑うと目がなくなる
・目が開きにくい
・左目に斜視があった(怪我の影響)
・蒙古襞ガッツリある
・暗い印象を持たれやすかった
・一切化粧映えしない

こんな感じだったかな〜。

一番記憶に残っているのは、「不幸のどん底にいるやつ」だと思われやすかったことですかね。

父が亡くなってから、自宅に町内会関係の人が面会に来たことがあったんですけど、「今まで相当な苦労をしてきた顔だね〜」と言われてしまってw

苦労話とか一切していないですよ、もちろん。

多分、この一重まぶたから“暗い印象を持たれやすかった”のではないかと思います。

しかし、たいして顔が変わってないくせに、不思議と昔の顔って忘れてしまうものなんですよね。

こんな顔してたな〜。

一重まぶたから平行型二重になった道のりを時系列でまとめる

目元の美容整形は、全部で5種類おこないました。

うる覚えなので正確ではないのですが、覚えている範囲で手術内容手術をした時期をまとめていきたいと思います。

<目元の美容整形の手術内容と時期>
・2005年(12歳)埋没法2点留め
・2011年(18歳)眼瞼下垂
・2013年(20歳)アイリフト(眉下皮フ切除)
・2014年(21歳)ブロウリフト(眉上皮フ切除) +目頭切開

これら以外にも、微調整をくわえるために修正手術をしたのですが、時期・金額ともに不明。

そのため、上記に記載していません。

いや〜、本当に昔のことって覚えていないものなんですね。

なにせ18歳からは、毎日「早く顔を変えたい」としか考えておらず、夢中で美容整形しまくりました。

なので、いつどんな手術をしたかなんて、興味はなかったんですよね。

また、上記は目元の美容整形だけですが、合間に鼻の美容整形をしたり、レディエッセ入れたりなど、その他美容整形もしています。

今思えば、夢中で美容整形をしていた頃は、ちょっと病んでいたかもしれないですね。笑

平行型二重になるまでにかかったトータル金額

目元の美容整形を時系列でご紹介しましたが、一番気になるのは金額ですよね。

ですが、領収書は処分してしまっているので、正確な金額はわかりません。申し訳ない!

ザックリとした金額だけは覚えていますので、それをもとに計算してみましょう。

<目元の美容整形の金額>
・埋没法2点留め…¥15,000
・眼瞼下垂…¥350,000
・ブロウリフト(眉上切開)… ¥300,000(?)
・アイリフト(眉下切開)..¥300,000(?)
・目頭切開…¥200,000
【合計】 ¥1,165,000

¥1,165,000とのトータル金額が出ましたが、もう少し安かったような気がします。

また、(?)と記載がある部分は、本気で金額を覚えていないところなので曖昧です。

美容整形をしたクリニックのHPを確認すれば正確な金額が分かるでしょ」と思われるかもしれませんが、

わたしは2013年頃から猛烈に美容整形をくり返して、何度も何度もクリニックに足を運んでいたので、担当の先生がご好意でちょっと値引きをしてくださったんですよね。

担当医「seinaさんは何度も来ていただいているからちょっと値引きしますよ」

みたいな。

これは本当にありがたかった!

ちなみに、残念ながらその先生はお辞めになられたため、ご紹介はできませんので悪しからず…。

まとめ:ブサイクで生まれてくると目元だけに116万5千円のコストがかかる

ブサイクで生まれてくると、普通の人レベルになるまでお金がかかるのは辛いものです。

目元だけで116万5千円って、お金かかりすぎでしょ。と、自分でも思います。

ですが、自分の顔にお金をかけることは、よりよく生きていくための一種の自己投資だと考えています。

「116万5千円もかけなければよかった」と、後悔は一切ありません

むしろ、この対価を払ってコンプレックスが解消されるなら、安いものではないでしょうか。

こんな記事もおすすめだよ

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/maxfacsginza/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/shinagawabiyougeka-kogao/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/vaser-liposuction-5/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/shinagawa-gross-peel/”]

美容整形

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形で生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間5万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※顔面骨格の美容整形を今年の2月にうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします