メイドジムに興味がなかった私がメイドになったきっかけと理由

筋トレ・美容整形大好きWebライターのseina(@st_0905)です。

突然ですが、わたしメイドジムの「メイド」になりました!

メイドジムは前々から知っていたのですが、はじめから「メイドになりたい!」と、興味しんしんだったわけではないんです。

じゃあ、なんでメイドになったの?

報告をふくめて、メイドになったきっかけと、その理由についてお話していきます。

【ご報告】MAIDGYMのメイドになりました!

改めてご報告です。

この度、MAIDGYMのメイドとして、在籍することが決まりました!

先日、メイドジムのHPで、紹介していただきました。

紹介紹介負けしないように、精進していかないとですね。→メイドジムを詳しく知りたい方はこちから

しかし! 気になる点が1つ。

メイドになったのはいいけど、トレーニング指導は大丈夫なのか? という点です。

筋トレを2年続けてきましたが、これまでホームジムで、一人で汗をながす日々でした。

確かに、指導は未経験です。

メイドジムのオープン予定は、4月末。もう時間ないけど、間に合うの?

もちろん、大丈夫です! メイドジムでは、すでに研修がスタート。これまで、2回の研修をおえました。


▲研修風景

一番左から、わたし、ルビーさん、メルさん。研修をしてくれているのが執事の関口さん。

なんか、わたしだけデカくない?! ちょっと何なのよコレ…(泣)

まあ、それは置いといて、研修内容はザックリとこんな感じ↓

・座学(メイドジムのコンセプトを知る・栄養面・注意点など)
・実践(基本種目のフォームチェック)
・補助練習

安心・安全に楽しくトレーニングをしていこう」という、メイドジムのコンセプトがあります。

メイドジムがオープンすれば、はじめてバーベルにふれるお客様もいらっしゃるはずです。

なので、とにかく安心・安全を重点におき、楽しくトレーニングをできるようにする。という研修内容でした。

トレーニングを楽しんでいってもらうには、まずは、安全・安心第一なんですよね。

そして、研修はもうワンランクアップ。

3月中は実践に見立てた、ロールプレイ研修をしていきます。

すでに3/3(金)に、友人の力をかりてロールプレイ研修の予定です。

自宅にあるホームジムで、研修に付き合ってくれる友人もつかまえました。ありがたや…。

こうやって今は、メイドジムのオープンにドキドキ&ワクワクしています。

ですが、勤務が決まったのは2月中。

ここ最近なんです。それまでは、メイドジムで働きたい! とは、まったく考えていませんでした。

おいおい、じゃあなんでメイドになったわけ?

実はメイドジムで働くなんてこれっぽっちも考えていなかった

メイドジムのことを知ったのは、ツイッターでした。

ちょうど、去年の12月ころ。

メイドジムっていう面白そうなジムがオープンするらしいよ」とリツイートで回ってきたのが、メイドジムを知った1番最初だったと記憶しています。

第一印象は「世の中、面白いことを始める人がいるもんだな〜スゴイな〜」と、こんなもんでした。

というのも、その頃のわたしは、一時期話題になった「welq」というキュレーションサイトの問題に関わっていました。

あの、コピペ問題とか、質の悪い記事だとか、いろいろ騒がれていたやつです。(わたしはちゃんと書いてたよ! コピペしません)

2つのキュレーションサイトでライター活動をしていたんですよ。

でも、あの問題があってから次々とサイトが閉鎖。

キュレーションサイトを主な収入源にしていたので、ぱったり収入がなくなりました。

つまり、ライター業の危機! だったわけです。

どうにかして収入を得る必要があったので、必死でした。

ぱったり閉鎖なんかしない、継続してお仕事をいただけるクライアント様と出会いたい。

とにかく書いて、書きまくれ! と、ライター業に専念しなくてはいけませんでした。(ブログも書きたかったし)

メイドジムね〜ほぅ〜くらいで、普通にスルー。

きっかけは同棲中のカレからの一言だった

年が明けたころ、少しずつライター業が安定してきました。収入もありがたいことに微増であります。

しかし、生活は安定してきたけど、どうもハリがない。

好きで在宅webライターをする道を選んだんですけど、たまに刺激がほしくなるじゃないですか。

無い物ねだりってやつかもしれません。

でも、なんか「このままでいいのかな?」と、思えてくるんです。

ただ、仕事で文章を書くだけ。淡々とする日々。

同じことのくり返しで、上にも下にも行かないような、平行線のまま。

自分から何かをはじめなければ、いけないような気がしたんです。

そうやって考えていたころ、ちょうどメイドさん募集のツイートをみつけたんですよね。

▲刺激を求めていたわたしは、気になる内容でした。

しかも、メイドジムのコンセプトも、最高にエキサイティング!

健康面や精神面だけでなく多角的に日常へと干渉し、一層充実した素晴らしい日々へと導く、”トレーニングエンタテイメント”メイドジム。

”トレーニングエンタテインメント”メイドジム…。面白い以外のなにものでもない!

ライターをやりながら、メイドって、この世にそういないだろう。こんなジムで働いたら、めちゃくちゃ面白うだなと、久しぶりにワクワクしました。

でも、今のわたしで、大丈夫だろうか? 筋トレはしていたけど、太りに太ったカラダを見つめます。

トレーニングを教えるわけだから、いいカラダじゃなきゃダメだろうし、わたしには出来るわけがない。

明るく、面白そうな未来がすぐそこにある。だけど、マイナスな感情がジャマをします。

そんな時、声をかけてくれたのが同棲中のカレでした。

seinaは筋トレしているし、癒し系だし、メイドさんになれるんじゃない?

そんな、他人からの励ましって、勇気が出るんですよね。

とりあえずダメでもいいから、メールしてみようかと。

決めたその日に、行動していました。

それで、連絡をとってすぐに、面接の日はポンポンっと決定。

でも、すぐに勤務が決定したわけではないんです。しばらく悩みました。

それでも、結果的にメイドになったわけです。決心した大きな理由って、なんだったのか?

メイドになった大きな理由

理由①「どうせわたしは〇〇だからできない」という言い訳を捨てたかった

わたしは何かと理由をつけて、多くのことから逃げるクセがありました。

どうせブサイクだから〇〇できない」、「どうせ太っているから〇〇できない

お決まりのパターンです。

新しいことにチャレンジして、何かの理由で傷つくのも怖い。

「美しくなければ生きていけない」というブログを書いておきながら、生まれ持った美しさはないし、いまだに外見に自信がもてない。

わたしは、人前に出て働くタイプでないと、わかっていました。

だけど、もうウンザリしていたんです。「どうせわたしは〇〇だからできない」という言い訳に。

ブサイクならキレイになればいいし、太っているなら痩せればいい。答えは単純なのに、前に進もうとしない自分を変えたかった。

自分を変えたい気持ちで、メイドになる道を選びました。筋トレとははずれますが、きっと大きな一歩になったはずです。

理由②純粋に筋トレを愛しているから!

筋トレ、好きです。好きを通りこして、愛しているから。

筋トレのよさを、たくさんの人に知ってもらいたい。この気持の方が強いですね。

筋トレのどんなところを愛しているのか? 理由は4つあります。

筋トレへの愛を語ろう

人生を変えてくれたのは筋トレだった

筋トレをはじめる前のわたしは、外見に無頓着の、ただの太った女でした。

中学生のころに過食グセがはじまり、短期間で20kgの激太り。青春時代は、太ったカラダのまますごしました。

ダイエットに成功したこともあったけど、ただ食べないダイエットですぐにリバウンド。

むかしと変わらず、過食グセが止まらない日々。

「わたしはどうせ痩せられないし、美しくなれることなんてないのだろう」と、絶望している中で、自分を変えてみたくなったのです。

一度きりの人生、何も残せないままでいいのだろうか。


▲3年前のわたし。こんなに酷い。炭水化物、お菓子ばっかり過食してました。

「過食してしまう弱い自分を変えたい、美しくなりたい、理想的なカラダになりたい、強い人でありたい」

そんな気持ちから、本格的に筋トレをはじめたのが2年前。

パーソナルトレーニングに通いはじめたことがきっかけで、筋トレと出会いました。

でも、経済的に苦しくなったこともあり、断念することに。

ここで止めてはダメ! 思い切ってホームジムをつくりました。

といっても、簡易的なホームジム。バーベル・ダンベル・ベンチ・セーフティだけです。

お年玉を奮発して、3万円くらいで購入できました。あれから2年やっているんだから、元は確実にとれましたね。


▲今のわたしはコレ。まだまだ、ポニョっとしている。

筋トレって、こうやって体型を変えてくれるだけではないんです。生活もガラッと変わります

運動をする習慣がつくのはもちろん、食事に気を使えるようになります。タンパク質は、重要ですからね!

筋トレはわたしの体型や生活も変えてくれた。

そして、太っていたころとは違い、メイドにもなれた。

人生を変えたと言っても過言ではないのです。

筋トレはメリットのほうが大きいんじゃない?

筋トレってメリットのほうが大きいんじゃないかな? と、思うことがあります。

個人的に感じるメリットはこれ↓

・ストレス発散
・体型が変わる
・肌がキレイになる
・アンチエイジング
・前向きな気持ちになれる
・体脂肪の減少
・筋力アップ
・夜よく眠れる…etc

まだまだ、たくさんあるでしょう。

筋トレをするだけで、複合的なメリットがあるわけです。愛さないわけがない!

▼関連記事
筋トレは女性こそやるべきエクササイズ! 私が実感した身体の変化と5つの効果|美しくなければ生きていけない

筋トレは楽しい!

筋トレはメリットも多いですが、「キツイ」というデメリットもあります。追い込んでトレーニングをすると、それはそれはキツイです。

でも、キツイことを乗りこえた先には「楽しさ」があります。

キツイことをやりきった達成感、体型が変わってきた喜び。あつかえる重量が伸びてきて、肌で成長を感じられるときとか

ドキドキしたり、ワクワクしたり。

ここまで気持ちを動かされるなんて、普通に生活をしている中では体験できない感情になるでしょう。

ほら、大人になると「楽しさ」を味わえることって少なくなるじゃないですか。

仕事のストレスとか、人間関係とか、そんなものに紛れてしまって。

でも、筋トレは、普段味わえないような「楽しさ」を与えてくれます。まるで、若かりしころの青春時代に戻ったかのように。

毎日何かでモヤモヤしているなら、筋トレやろう! きっと楽しいですよ。

筋トレは自由で、可能性は無限大

筋トレはメリットもあり、楽しさもある。でも、それだけでは終わりません。

一言にするなら「筋トレは自由で可能性がある」ということ。筋トレがなぜ、自由で可能性のあると言えるのか?

「性別、年齢、体型、身長などの制限がなく、誰でもはじめられる運動で、なりたい体型に近づける可能性があるから」

例えば野球やサッカーなど、こういった運動を本格的にやると、スポーツへの適正、年齢や性別も関係してきます。

ちなみにわたしは小学生のころ、少年野球をやらされてました。

そもそも球技は苦手でした。球をとるのも、打つのも苦手。

守備は球がとんできにくい、ライトに追いやられてました。単に、野球はむいていなかったのです。

このように本格的な運動は本人が持っている適正と関係してくるし、制限もでてきます。

でも、筋トレは適正とか、制限とか、関係ないんですよね。

トレーニングの正しいフォームを覚えればいいわけですから、誰がやったって構わないわけです。

さらに、筋トレは体型を変えてくれます。とくに、かっこいいカラダが目標な男性は多いでしょう。

腕を太くしたい、胸筋をつけたいとか。この目標に近づくためには、筋トレしかありません

反対に、筋トレをやれば、目標の体型に近づくことができるわけです。めちゃくちゃ可能性があると思いませんか?

わたしにも、同じように目標の体型があります。

横に広がりのある背中を作りたい、お尻に筋肉をつけてパーンとさせたい、ウエストを細くしたい、肩を大きくしたいなど。

この目標に近づくためには、やっぱり筋トレをやるしか道はないんです。

楽しいだけではなくて、キツさもある。

だけど、筋トレを続けて頑張った先には、目標の体型になったわたしがいるかもしれない。

こう考えてみると、筋トレってスゴイですよね。

まとめ:ゆっくりでもいい、一緒に前に進んでいこう

太っている、過食してしまう自分がイヤ、ダラしない自分のカラダを変えたい。

そうやって、悩んでいる方は多いと思います。

でも、太っていたっていいんです。過食してもいい。ダラしなくてもいい。

これから、いくらでも前に進むことはできます。わたしも、前に進んでいる途中です。

ゆっくりでもいい。少しずつ、前に進んでいきましょう!

追伸:2017年9月4日

メイドジムとこのページに興味を持ってくれた皆々様。

ブログを見ていただき、ありがとうございます。

メイドジムの面接に合格し研修を終えましたが、状況が変わりまして現在はトレーニング指導をいたしておりません。

「メイドジムの良さを広める」広報担当として、メイドジムに在籍しております。

メイドジムのご予約・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

今後ともメイドジムを、どうぞよろしくお願いいたします。

こんな記事もおすすめです

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/body-fat-1month/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/weight-loss-pfc-calorie/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/overeating-meal-food/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/workout-exercise/”]

 

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形で生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間5万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※顔面骨格の美容整形を今年の2月にうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします