本業フリーライターの私がメイドジム研修で感じたリアルな話

もう金曜日なのか! と、驚きをかくせないseinaです。

(ホワイトデーに飲んだお酒のせいで、少し寝込んでいたためタイムスリップした気分)

色んなことをブログで発信していきたいな〜と思いつつも、書けずにネタだけがたまって過ぎ去る日々。仕事をしていると、あっという間に時間がたちます。

書きたいことが書けずにモヤモヤしていましたが、仕事が片づいた今夜! ブログを書くチャンスが巡ってきました。

今回はメイドジム研修について、お話ししていきましょう。

メイドジム研修をしていて感じたこと

人にものを教える難しさに、ぶつかっています。

仕事柄か性格の問題か、トレーニングのフォームを、丁寧に丁寧に説明しようするクセがあります。

丁寧ならいいじゃない! というはなしですが、指導をうけている側になってみると、逆にわかりにくくなるんですよね。

今までわたしの研修に付き合ってくれた友人たちは、ひっそりと思っているのではないでしょうか。(ごめんねw)

例えば、スクワット、どこまでしゃがむの? 問題です。

メイドジムでは安全性を重視して、「骨盤が後傾する一歩手前の位置までしゃがむ」という方針があります。

人によってしゃがむ深さは異なりますが、だいたいヒザが90度にまがる位置でしょうか。

とりあえず、しゃがんでもらって、あとから微調整をくわえればいいはなしなのに、わたしは骨盤が後傾で、どうのこうのと理論を説明しようとしたりして…。

さらに、具体的な理論を理解しきれていないのに、頭で考えてからはなそうとするから、上手く説明できず、シドロモドロという悪循環。

これでは説明される側も、意味不明です。

ほんと、頭でっかちでイヤになっちゃう。

むしろ、端的に伝えたほうが、分かりやすかったりするんですよね。

「とりあえず、しゃがんで! もっと浅く、深く!」とか。

もっとかる〜く、たのし〜くトレーニング指導できるようになっていきたいですね。

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/maidgym-2-2/”]

メイドジム研修で起きた最大の悩みは「話せないこと」

本業はライターなので、はなす機会がありません。もくもくと頭のなかで考えることが多いので、だまりこくっている時はザラです。

たまに外に出ると思うんですけど、頭のなかは色んなことを考えていて忙しいのに、口が動かないことがよくあります。

これって、ただのコミュ障なのか…(笑)

そもそも、「トレーニング指導」と、「話すこと」がどのように関係しているのかというと、トレーナーさんってめちゃくちゃ話すんですよね。

びっくりするくらい、話します。トレーニング50分の指導で、わたしの1日分の会話を凝縮するような勢いです。

「話せない」という悩みは、最大の致命傷なのです。

どんなときに話すのか。例えば、レップ数をかぞえるのはもちろんのこと、トレーニング中にフォームを指摘したり、掛け声をかけたり、インターバル中の雑談だったり。

雑談とかはいいんです。でも、一番の苦手分野は、「掛け声」なんです。むずかしいんですよね〜これがまた。

多分、むずかしいと感じるのは、自分の中の「掛け声のボキャブラリー」が少ないことにあるのでしょう。

気がついたら「掛け声のボキャブラリー」を使い果たし、ただのカウンターになっていることもシバシバ。

これじゃあ、トレーニングうけている側は楽しくないですよね。

おいおい、seinaさん大丈夫かよ、と。

なので、この問題は「掛け声のパターン」を作って、ボキャブラリーをふやして解決しようかと考えています。

例えば、掛け声を20パターン作って覚えておくとか。

①いいですね!
②その調子!
③ナイスフォーム!
④素晴らしい!
⑤キレイなフォームですね!
⑥うまい!
⑦吸って〜吐いて〜!

やばい、もう掛け声のボキャブラリーがつきました。

あかんでしょ、コレ。

話せるようになるには慣れが一番らしいけど会話術に関する本を読んでみた

▲最近読んでいる本。

接客業をしていたのは、もうどのくらい前になるでしょうか。

ストレスフルな毎日にたえきれず、パッタリと仕事をやめ、今ではフリーライターなんかしちゃってます。

そう、個人事業主です。個人事業主とか、カッコイイ響き…(確定申告が恐怖でしかない)

そして、最近メイドさんになりました。

接客業からしばらく離れていたので、ブランクがあるわけです。やっぱり、はなし下手くそですよ。最近外に出る機会が多かったので、グサリと痛感してます。

しかも、トレーニング指導で会話はかなり大事なんです。

「トレーニングは楽しかったけど、会話はつまらなかった」ということは、ありえません。

トレーニング指導はコミュニケーションの一環なので、楽しい会話なくして、楽しいトレーニングはできないのです。

まだ、執事のほうから研修OKサインをもらってないので、本格的な出勤はいつになるか未定ですが、もし来ていただいた方がいたら、楽しんでもらいたいじゃないですか。

トレーニングも、会話も楽しかった」が、理想的ですよね。

「超一流の雑談力」を読んで、接客していたころを思い出していきましょう。

 

今日は、ここまで。

おすすめしたい記事

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/heroine-makeup-mascara/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/amazon/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/chintai/”]

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形で生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間5万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※顔面骨格の美容整形を今年の2月にうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします