昼顔映画レビュー:22歳年上の彼氏がいるのに不倫映画を観てきた話(ネタバレ注意)

こんにちは、seina(@st_0905)です。

この間、映画「昼顔」を女友達と一緒に観にいってきました!

わたしは、22歳年上のカレと婚約中。それなのに不倫の映画みるのかよ! って感じですが、ドラマ版の昼顔がやっているときにどハマりしていたんです。もう何年前でしょうか?

ドラマがはじまる時間になるとTVの前にかじりついて、まだかまだかとドキマギしていたのを思い出します。

映画レビューは初の試み! 新たなチャレンジもかねて、今回は映画「昼顔」のレビューをまとめていこう思います!

簡単なあらすじ

昼顔って何? という方もいると思うので、簡単なあらすじをまとめます。

ドラマ版では、上戸彩演じる木下紗和(きのした さわ)と、斎藤工演じる北野裕一郎(きたの ゆういちろう)が禁断の不倫関係に発展します。

しかし、北野の妻・乃里子(のりこ)によって不倫が発覚され、修羅場の末に2人は引き離されることに。

弁護士を交え、もう二度と会わない、話さない、連絡先も教えないという示談書を交わします。

そして、紗和は夫と離婚し、海辺の街へ引っ越しをして、北野は妻とともに遠くはなれた街へ引っ越しをすることになりました。

それから3年後の話が、映画「昼顔」です。

紗和は離婚後、新たな拠点で生活をはじめます。海辺にある小さな食堂で働きながら、1人で人生を歩もうとしていました。以前不倫関係だった北野の影も、だんだんと薄れていきながら。

しかし、その矢先、非常勤講師となった北野が、講演のためにとある街に訪れます。

そこで、北野と紗和がふただび出会うことになり…。というのが映画「昼顔」の前半部分のストーリー。

はてさて、これから紗和と北野はどうなっていくのか?

話したいけど話せない、触れたいけど触れられない。じれったい感じが、たまらんです。

▲予告編はこちら

不倫にハッピーエンドはない

映画「昼顔」をみたあと、鬱っぽいというか、悲しくてたまらない気分にさせられました。

だって、この映画のテーマは「不倫」なわけですから、ハッピーエンドはあるはずがないんですよね。

そもそも不倫ってなんなのかな?  と思ったので、言葉の定義をグーグルで調べてみることにしました。

不倫(ふりん)とは、人が踏み行うべき道からはずれること。特に、配偶者でない者との男女関係

不倫は文化だという有名人もいますが、それは置いておいて。笑

一般的に上記の言葉の意味のとおり、「不倫=悪いこと」という価値観があるはずです。後ろめたさなしで、不倫する人はまずいないでしょう。

なので、悪いことをしながら、幸せになったり、あるいは人を幸せにしたり。そういったプラスになることを生み出すのは、そもそも難しいんですよね。

劇中だって、幸せそうな描写は1/ 3くらいですから。悪いことの中にある”一瞬の喜び”のような感じ。

ドラマ版の昼顔でも、紗和は離婚し、北野の妻・乃里子は逆上して錯乱状態。北野だって紗和と一緒になりたかったけど、できませんでした。

誰一人として傷つかなかった人なんていないわけです。

映画も当然、バットエンドの結末しか待っていないのは当然のこと。

仮に、紗和と北野が一緒になったとしても、「不倫の末に一緒になった」ということは変わらないわけですから、周りから祝福されることはないでしょう。

誰にも目につかないところで、ほそぼそと暮らしていくような光景が目に浮かびます。

結局、どんな道を進もうが、不倫をした時点でハッピーエンドは待っていないんでしょうね。

不倫をしたいとは微塵たりとも思わないですが、不倫はこんなにも人を傷つけることなのだと、映画を通して学べました。

不倫、ダメゼッタイ!

不倫に終わりもない 終わらせるには誰かが死ぬしかない?

映画をみる前に、女友達とこんなことをはなしました。

映画に続きは出るのかな?」 と。

仮に、映画「昼顔」に第二弾が出たとしましょう。昼顔のテーマは不倫なわけですから、つまり不倫も続くということになります。

これはもう、終わりがないぞ! 昼顔が止まらない!

なので、不倫も昼顔も終わらせるには「誰かが死ぬしかないかもねw」なんて、女友達とはなしていたんですよ。

そうしたら、わたしたちの予測通り、誰かが死にます。(ネタバレさせたくないのでここでストップ!)

この映画の終わり方はどうなるのかと気になってしましたが、まさかこんな終わり方がくるのか! と驚きを隠せないくらいです。

制作会社は、誰かを死なせることで昼顔も不倫も終わりにさせようとしてきたんですね。

もしかしたら、わたしたちと同じ考えなのかも。笑

やっぱり、不倫はそこまでやめられなものなんでしょうかね〜。

北野先生、もっとハッキリしてよ!

北野先生のこと、個人的に好きだったんですよ。紗和のことが好きだ! という男らしい情熱がみえて。

簡単に言えば、”男の色気”ってやつですかね。

ですが、この映画をみてから、北野先生が優柔不断な男にみえてきました。というのも、劇中にみたあるシーンが突っかかったからです。

北野先生が妻・乃里子に「どうして私じゃなくてあの人なの?」、「あの女のどこがいいの?」と、問い詰められるシーンがあります。

ここで北野先生、なんて答えたと思います?

「分からない」の一点張りなんですよ!!!!

それで最後に、「分からない、ただ紗和が好きなんだ」と言い残します。

「分からないけど好き」ってなんだよー! そんなレベルでここまできたのかー?! とツッコミたくなったんですが、このシーンをみた方はどう思うのでしょうか?

参考がてら、カレに聞いてみました。こんなシーンがあってね、北野先生こんなこと言ってたんだよと。

そうしたらカレも「好きってそんなもんなんじゃないの?」と言い始めるんですよw

ちょっと! わたしのモヤモヤはどうすればいいの! 笑

カレとは1年半交際して婚約している関係だし、22も上で人生経験も多いし、

そんな人から「好きってそんなもんなんじゃないの?」と言われたら、ぐうの音も出ないですよ。笑

今度、一緒にみた女友達にも意見を求めてみようと思います。

まとめ

映画「昼顔」のレビューをまとめてみました。

ドラマ版にハマっていたので、続きをみられてよかったと思っています。ですが、ただただ悲しいの一言。

「愛とは何か」と、似合わないことをぼーっと考えはじめたくなるくらいです。

ドラマ版の昼顔にどハマりしていて、なおかつ続きがみたい! という方にはおすすめできます。

しばらく、負の余韻が残ることは覚悟しておいてくださいね。笑

昼顔関係の商品

▲昼顔のドラマ版DVDはこちら。一から昼顔を見返したい、コレクションするのにオススメ。

▲昼顔のサウンンドトラックCDはこちら。昼顔独特の悲しげな音楽が聞けます。アマゾンで視聴もできるのでぜひ! 1曲から購入可能です。

おすすめしたい記事

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/cheater/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/cosmetic-surgery/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/i-just-do-what-i-want/”]

[clink url=”http://seina.ryouzan.com/overeating-go-out/”]

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形で生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間5万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※顔面骨格の美容整形を今年の2月にうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします