眠れない夜のストレス過食は美容の大敵! 自分を労わって予防しよう 

こんばんは、筋トレ・美容整形好きWebライター・ブロガーのseina(@st_0905)です。

1人、寂しくすごす夜。

つい食べ物に手がのびてしまい、気がつけば「過食してしまった!」という経験はないでしょうか。

そもそも過食の原因は、ホルモンバランスや、血糖値のアップダウンなども関係していますが、カロリー不足からくるものと、日常生活のストレスからくるものの2つに大きくわかれます。

カロリー不足からくる過食はカロリーを削りすぎている、つまり「食べなさすぎる」状況なので、夜過食するのであれば、朝〜日中にしっかり食事をすることで防げます。

ですが、日常生活のストレスからくる過食には、どのように対処すればいいのでしょうか?

きっと、夜になるとストレスが爆発しやすい方は、頑張り屋さんなのだと思います。

日中、周囲に気をつかったり、どう見られているかを常に気にしたり。人一倍神経質なのかもしれません。

そんなストレスを抱えて家に帰ってくるわけですから、夜になるとストレスが爆発して、食べることで解消しようとするのも無理はありません。

これを書いているわたしも、10年以上前から過食と寄りそって生きているので、夜にドカーンと過食した経験は数え切れないほどあります。

そこで今回は、わたしの経験をもとに、夜過食したくなるときに効果のあった対策方法を紹介していきます。

夜の過食をストップするための5つの対策方法

対策方法①:温かい飲み物を飲んでみよう

夜に過食したくなったとき、まずは温かいものを飲んでゆったりしてみませんか?

ストレスで過食をしたくなる方は、普段リラックスする機会がとても少ない印象があります。

常に精神的に張りつめていたり、なにかを頑張りすぎていたり。

身体と心は休みたがっているかもしれません。

温かい飲み物でオススメなものは、

・カフェインなしのハーブティー
・手作りココア(ココアパウダー+牛乳or豆乳+甘味料)

など。

そのほか、お好みのものでOKです。

ただ、夜にコーヒーや紅茶を飲むと、カフェインの影響で興奮してしまいますので、基本的にカフェインレスの飲み物が適しています。

カフェインなしのハーブティーはスーパーで手軽に入手できますので、お好みのフレーバーを選んでみてください。

▲ちなみにわたしは、「セレッシャル スリーピータイム 20p」のハーブティーをよく飲んでいます。

ミントがきいた、フレッシュで透明感のある味わいのハーブティーです。

▲最近は、抗酸化作用のあるルイボスティーも購入してみました。

また、手作りココアは、甘さ・温かさ・カカオの香りが揃っているので、神経を落ち着かせるのにピッタリだとわたしは思っています。

チョコを食べると不思議とリラックスできるように、手作りココアにも同じような感覚があります。

ですが、個人的に砂糖で甘みをつけたくないので、無糖のココアパウダーエリスリトール(カロリーゼロの甘味料)を使っています。

▲ココアパウダーは、スーパーで入手できるバンホーテンのもの

▲「2017年に購入して生活の質(QOL)がアップしたもの23選」という記事でもご紹介しましたが、エリスリトールはアマゾンから購入しています。

とにかく過食したくなるときは、自分を癒やす時間が足りていない証拠ですので、いたわることを優先に!

「過食しちゃうほど頑張ったんだな、お疲れ様」という気持ちで、自分をリラックスさせてあげましょう。

対策方法②:湯船にゆったり浸かって自分だけの美容タイムを作ろう

自分をキレイにしてあげると、過食のスイッチが切れることに気がついたので、この記事でもオススメしてみます。

わたしが実践しているのは、アロマオイルを数滴入れた湯船にゆったり浸かり、ボディースクラブをしてヒザ、ヒジ、かかとのお手入れをすること。

また、隅々までムダ毛の手入れをしてもいいですね。笑

そしてお風呂から出あたあとは、ボディークリームやミルクで丁寧に保湿をしてあげる。

こうして自分をキレイにすることに時間をかけると…あらびっくり!

いつの間にか、過食したい気持ちがどこかにいってしまうのです。

過食よりも大事なこと(キレイになること)をしたり、注意をそらす心がけをするといいのかもしれないですね。

▲リラックス効果にはラベンダーがぴったりなんだそう。リラックス効果以外にも、安眠効果もあります

▲ボディースクラブは何か新しいものを買う必要は…ありません!

正直、塩だけで十分。100均一で売っているので大丈夫です。

保湿力もプラスしたいなら、お手持ちの化粧水やオイルを加えてあげると◎

また、お風呂に直接入れると身体がよく温まります。

塩のジャリジャリ感が強いので、ヒザ・ヒジ・かかとなどの角質が厚いところのみに使ってくださいね

対策方法③:掃除、読書、映画鑑賞など集中できることをやってみよう

過食から注意をそらしたいときに有効的な対策が、読書・映画鑑賞・掃除です。

この3つを選んだ理由は、どれもすぐに行動にうつしやすいからです。

読書は、本をパッと手にとり、めくればいいだけ。

今ではスマホで読むこともできますね。

映画は、テレビの電源を入れてDVDを入れたり、録画してあるのをみればいいだけ。

同じくスマホでみることもできます。

読書や映画をみながら温かい飲み物をプラスしてあげると、あっという間にラグジュアリーなひとときになります。

掃除については、以前こんなツイートをしました↓

どこか1ヵ所だけでも掃除をすると清々しい気持ちになれますし、掃除をしている間はその部分をキレイにすることだけに集中できます。

なので、気がつかないうちに過食の衝動を打ち消すことができます。

極論、そこらへんに落ちているゴミを拾うだけでもいいんです。

そのゴミを拾うことができたら、絶対に他の部分の掃除もしたくなりますから。

ただ、あまり頑張って掃除をすると興奮してしまい、眠れなくなることもありますのでホドホドに。

掃除をしたあとは、温かい飲み物を飲んでリラックスするなり、映画をみてぼーっとする時間なり、とにかく落ち着く時間をつくって後味をよくしてくださいね。

対策方法④:メラトニンサプリを飲んで強制的に寝てみよう

「自律神経」という言葉は誰でも耳にしたことがあると思います。

自律神経は、交感神経副交感神経の2種類にわかれ、活動的になる日中にかけて交感神経が活発化し、夜になるにつれてリラックスモードをつくる副交感神経が働きが強くなります。

つまり、交感神経▶︎戦闘モード(興奮や緊張)副交感神経▶︎リラックスモード(鎮静)と分類できます。

わたしたちは、この交感神経と副交感神経をうまく使いながら、身体のバランスを保とうとしていますが、日頃から頑張り屋さんの方はストレスを多く抱えこんでいます。

なので、夜になっても副交感神経がうまく働かず、リラックスできない状態になりやすいのです。

寝る時間だけど、興奮して寝つけない。なんだかソワソワしてしまう。

ということが起こり、リラックスするために甘いものや炭水化物を過食してしまうことも…!

わたしもこのタイプです。

そんなときには、メラトニンサプリが役立ちます。

そもそもメラトニンとは、眠りを誘発するホルモンのこと。

夜になると脳内で分泌量が増加し、自然と眠くなるシステムができています。

それをサプリメント化したのが、メラトニンサプリです。

夜眠れずに過食したくなったときメラトニンサプリを飲むと、約30分〜1時間後には効果が出て眠くなります。

眠らずにはいられない眠気です。

つまり強制的に眠らせることで、過食を予防することができます。

ただ、メラトニンサプリは睡眠薬ではなくただのサプリメントですから、効果のあらわれ方には個人差が出ることもあります。

早く眠ろうとして何錠も飲んだことがあったのですが、眠気が強すぎて頭痛がするほどでしたので、服用する際は使用量をぜひ守ってくださいね。

▲わたしが今飲んでいるメラトニンサプリはこちら。

メラトニンサプリは日本では販売されておらず、個人輸入ができるアイハーブから購入可能です

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形でブサイクから生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間6万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※今年の2月に顔面骨格の美容整形をうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします