ツバメノートB6の口コミの良さは本当だった! 実際に使ってみて驚いたこと5つ

「よい仕事をするには、よい仕事道具を使うのが大事だよ」と教わりまして。先日、ツバメノート(B5100枚)を買いました。→「ラミーサファリ万年筆とツバメノートを買ってみた ちょっといい仕事道具で仕事のやる気アップ!

今まで安物のノートしか使っていなかったので(100均とか)、ツバメノートを使ってみると、衝撃なことばかりで大興奮! 気がついた5つの驚きを、まとめることにしました。

今回紹介するツバメノートはこちら

 

▲B5で100枚バージョン。

サイズ感もちょうどよくて、たくさん書く人にはむいています。持ち運びには不向き。自宅でガリガリ書きたい人むけです。

①めくった瞬間からTHE・高級感がドーン!

表紙もゴシック調で、高級感があります。しかし、ツバメノートはそれだけではございません。めくっても高級感は薄れない。いや、増すばかり。

▲1ページめくってみた図。

見てください、コレ。左側はツバメノートの魅力が書いてあって、右側はインデックスになっています。いやー、それだけじゃんって思われるかもですが、安物のノートにはこんなのついてないですからね。

▲「かたくなに本物・良い品の追求をしています。一度使えはその良さ・違いが良く解ります。引き続きツバメフルース紙のノートを御愛用下さい!」

こういう、ワンポイントのメッセージも好きです。心温まります。

②触ってわかる紙質と厚さ

▲ページはこんな感じ。

ページをめくった瞬間に分かるんですけど、安物のノートと違うのは、紙質と厚さ。たぶん、数ミクロンの差なんでしょうけど、紙が厚いのはハッキリ分かります。

あとは手触り。ペラッペラ感はなく、しっかりした感触。文房具に詳しくないわたしでも気がつくことです。ツバメノート、すごいですね。

③「にじみにくさ」は本当だった

ツバメノートは「にじみにくさ」も魅力の1つです。実際に書いてみると、本当でした。わたしは、ラミーサファリという万年筆を使っているのですが、万年筆用の水性のインクでも問題なし。

文字の線がにじまずに、ハッキリ出るので書きやすいです。安物のノートで書くとにじんだり、文字がこすれてグチャグチャとなることもあったけど、ツバメノートは一切ないですね。すばらしい!

④細部までにこだわるツバメノートに感動

ツバメノートの魅力はまだまだこれから。細部までにこだわりがあるようで、企業の方針に感心させられます。

今回買ったのはB5の100枚バージョン。枚数が多いと、使っていくうちにバラける心配がありましたが、ツバメノートは違いました。

▲100枚を4分割にしてまとめてある図。

しかも留めている糸もしっかりしている。ここまで使う人の気持を考えて作られたノートがあるだろうか・・・。

気持ちが込められたノートで、こだわりを見つけると何だか泣けてきます。紙の色も明るい白。書きやすくて、申し分ありません。

⑤書きあじが格別

ツバメノートは、実際に書いてみてもすばらしかったです。書きやすさを考えた固めの紙質、なめらかな書きあじ。安物のノートとは大違い。ペンが進みます。

長い記事を書く時は、ノートに書きたいことをバーっとまとめて、それから構成を立てているのですが、ずっと書いていてもストレスになりません。

いつまでも書いていられそう。とは、言いすぎかもしれませんが、それほど書いていて気持ちがいいノートです。

一気にツバメノートのファンに! ちょっと高めのノートだけど買って損はない

kigtvxqetxa-tim-gouw

Amazonのツバメノートはレビューもいいし、よい仕事をするにはよい仕事道具からだよなってことで、買ってみたツバメノート。何気なく使ってみたら、一気にファンになりました。

実際に使ってみて驚いたことは以下の5つ。

①めくった瞬間からTHE・高級感がドーン!
②触ってわかる紙質と厚さ
③「にじみくさ」は本当だった
④細部までこだわるツバメノートに感動
⑤書きあじが別格

ノートでここまで違うのかと驚くばかり。死ぬまでに出会ってよかった! ありがとう、ツバメノート。今日も明日も、仕事がんばります。

 

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形で生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間5万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※顔面骨格の美容整形を今年の2月にうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします