美容整形に失敗しないための正しいカウンセリングの受け方

美容整形をするなら、誰でも理想がありますよね。

「目をこんな感じの二重にしたい」

「鼻はこうしたい」など。

その理想を伝えるために、美容整形をする前には必ずドクターとのカウンセリングがあります。

ですが、ドクターとは初対面。わたしは初対面の人と話すのが、得意ではありません。

「こだわりの強い人だと思われたらどうしよう」

なんて不安に思い、「ここをこうしたい!」という自分の理想をうまく伝えられないこともありました。

そこで、話すのが苦手なわたしでもスムーズにカウンセリングを受けれるように、3つの方法を発見。

人見知りな方でなくても、ドクターに自分の理想を理解してもらうためによい方法になるかもしれません。

①ドクターに聞きたいことはメモしておく

photo-1456324504439-367cee3b3c32

ドクターとのカウンセリングでは、「初めまして状態」ですよね。

カウンセリングの時間でもありながら、初対面の人と一対一ではなす時間でもあるわけです。

こうなると、人見知りが大爆発!

カウンセリングにくる前、たくさん聞きたいことがあったはずなのに、何を聞いていいのか、何からはなせばいいのか分からない。

緊張から頭が真っ白になります。

しまいにはカウンセリングが終わったあと「そういえばあれを聞き忘れた!」と、思い出すこともありました。

 

そういうときの解決方法が「聞きたいことをメモしておくこと」です。

メモ帳でも、ノートでも、ケータイのメモ機能でもなんでもいいです。

聞きたいことを書き溜めて、カウンセリングを受ける時はそのメモをみながら話す。

そうすれば、頭が真っ白になることも、聞き忘れることも防げます。

メモできるものがその場にあれば、ドクターからの言われたことをすぐにメモできるので、なんて答えてくれたのか忘れた…。

ということも、無くなります。

②自分の理想は写真を使って伝える

photo-1455723576895-6ab1d5abbcb9

目をこうしたい、鼻をこうしたい、という具体的な理想がありますよね。

ですが、頭に思い浮かんだ理想を言葉で伝えても、本当にドクターが理解してくれているかどうかは疑問なところ。

口頭で理想を伝えるのって抽象的なんです。

では、自分の理想を的確に伝えるにはどうしたらいいのか?

それは簡単。「写真を持参していくこと」です。

モデルさんでも、女優さんでも誰でもいいです。

その人の顔写真を持参していくことをオススメします。

わたしはハーフ系の顔が理想だったので、とあるハーフモデルさんの顔写真を印刷して持参していきました。

ケータイに保存した画像を見せるのも手ですが、一番の方法は大きめの紙に印刷をして、ドクターに理解してもらいやすい形でみせることです。

 

 

③逆になりたくない顔を伝える

photo-1475049120922-5fd74aecbfe9

カウンセリングなのに、なんで逆になりたくない顔を伝えるのか?

これは、リスク回避のためです。

極論を言えば、美容整形なんて手術してみないとどうなるかわかりません。

目の手術の場合は、細い針金のようなものでまぶたにクセをつけて「こんな感じの二重になりますよ〜」と、事前に術後のイメージはつかめます。

しかし、鼻や輪郭は、術後の変化のイメージがつかめません。

「ちゃんとわたしの理想を分かってくれていたかな?」

「あんまり鼻は高くしすぎたくないんだけど、伝えた通りにやってくれたかな?」

と、頭の中で不安がよぎります。

術後、腫れが落ち着いてきたところで顔の経過を見てみると、伝えた理想と違う。

こんな顔になりたくなかったのに…! ということも起きる可能性もあります。

こういったリスクを避けるためにも、カウンセリングの際に「なりたくない顔」を伝えましょう。

伝えやすくするためには、

「鼻先を少し下げて大人っぽい印象にしたい」

「だけど、思いっきり下げすぎて魔女ばなのような鼻にはなりたくない。ちょうどいい加減で適度に下げたい」

など、自分の理想+なりたくない顔のイメージを交えて伝えると、理解してもらいやすくなるかもしれません。

プラスαで写真があると、もっといいですね!

まとめ

美容整形をするなら、ドクターとのカウンセリングは重要なことです。

カウンセリングを適当に、おろそかにするなど、もってのほか!

「整形失敗」などの、リスクの原因になることも。

そこで、今回ご紹介した3つの方法を使ってみるのをオススメします。

①聞きたいことはメモしておく
②自分の理想は写真を使って伝える
③逆に、なりたくない顔を伝える

初対面のドクターに対してグイグイと積極的にはなすのは、とても労力のいることです。

なので、言葉で伝えにくいなら、メモや写真を持参するとスムーズになりやすいですよ◎

こんな記事もおすすめだよ

・美容整形をするとなぜ「整形顔」になるのかを分析してみた

・ロングヘアーに12年間こだわり続けた私がヘアドネーションをするまで

・これから美容整形したい人向けたクリニックとドクター選びのアドバイス集

・私が美容整形をする理由は「美しくなければ生きていけない」から

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形でブサイクから生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間6万PV】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※今年の2月に顔面骨格の美容整形をうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします