「太っている=魅力がない」ではない! 脂肪こそ女の魅力である

「あなたに身についた脂肪こそ、魅力である」。

脂肪ってありすぎても、なさすぎても良くないのですが、そこまで邪険にしなくてもいいのではないかな、と考えるようになりまして。

むしろ脂肪は女性の魅力になっているのではないかと。今回はその「脂肪は女の魅力である」について、まとめてみることにしました。

あなたを女性らしく見せてくれる

girl-checking-her-new-nails-picjumbo-com

わたし、体脂肪率が高いんですよ。数字は恥ずかしいので伏せますが(笑)。いままでは、体脂肪率が高い=太っているとしか思えずにいました。

なので、体脂肪を下げることしか考えていませんでした。無理してカロリーカットしたり、空腹で死にそうなのに運動をしたり。

でも、年上のカレに、脂肪が多いことに悩んでいると言ってみたら、こんなことを言われたことがあります。

その脂肪が美しいんじゃないか」と。

男性から見ると脂肪があることが女性らしさの象徴で、美しさでもあるんだな〜と。わたしには、どう考えても浮かんでこない価値観だったので、軽いカルチャーショック。

だから、脂肪がついたこのカラダも、視点を変えればメリットもあるはずです。

「わたし、体脂肪率高いし、太っているから…」と悩める女性も、そこには魅力はあるんです!

しかし、細い=美しいと思う女性は多いでしょう。スレンダーな体型が理想だというはなしは、よく聞きます。

でも、脂肪のついた女性は、スレンダーな女性にはないものを持っている。それは、女性らしさというところ。

脂肪がついた女性のカラダは、丸みがあります。お尻にもボリュームがついてプリプリ。脂肪が多いということは、胸にもボリュームがあるでしょう。

脂肪は胸やお尻にボリュームを持たせ、丸みのあるシルエットを作ってくれます。さらに、脂肪があるということで、セクシーさもプラスされます。

セクシーといえば、峰不二子ちゃん。セクシーさの象徴のような女性ですよね。アニメキャラクターだけど、ボンッキュボンという言葉は、峰不二子ちゃんが由来ではないでしょうか?

ウエストはギュッと細いけど、お尻や胸には脂肪がついて、かならず丸みのある部分がある。ここで、胸もお尻もなくてペッタンコだったら、きっと峰不二子ちゃんはセクシーさの象徴ではなくなるかもしれません。

ということはつまり、脂肪は女性らしく、セクシーに見せてくれるということで大事な存在なわけです。脂肪はありすぎても、なさすぎてもダメだけど、女性らしく見せるというところでは有利に働きます。

脂肪をつけられるのも才能のひとつ

「スレンダーな女性っていいよね〜食べても太らないんでしょ?」と、スレンダーだからいいことばかりなはずだと、考えている女性もいるかもしれない。

そうやって他人の芝生は青く見えがち。でも、想像してみてください。実は見えないところに、悩みがあったりするかも。

ガリガリで悩んでいるとか、いくら食べても太らないとか、もともと食が細くて食べられないとか、甘いものが受けつけないだとか。もしかしたら、わたしたちには見えない悩みがあるかもしれない。

そうやって脂肪をつけることに、生まれつき不向きな女性もいるでしょう。だから、自分に脂肪がついていることは、これも才能うちだと前向きにとらえてみましょう。

もともとお尻や胸に脂肪が多いなら、より女性らしくなれるチャンスがあるということ!もし、脂肪がつきすぎたのなら、落とせばいいんです。

脂肪がつきやすい女性は太りやすいことも多いですが、筋トレをする、食事に気をつけてみるとか。

今後いくらでも美しくなれる可能性はあります! 脂肪をネガディブに受け止めず、前向きに考えてみましょう。

セクシーボディーに近づける

体脂肪が多いのも魅力の一つです。でも、それだけだけではダメ。筋力がないと脂肪が重力に負けて、たるんできます。

運動をあまりしない女性は、お尻の筋肉を使うことが少ないのでヒップが垂れている、形が悪い、横にばっかり大きい、なんてことも。

脂肪はあるけどお尻は垂れてる…。なんて、美しくないですよね。そこで、垂れたお尻は卒業! お尻を鍛えてみましょう!

お尻を鍛えるメリットは、「女性らしさを強調させることができる」、「プリッと丸い尻になれる」の2つです。

脂肪が多い女性は、筋肉+脂肪が合わさることで大きくて丸いお尻にできる可能性が。魅力的なお尻になれる。これはつまり、セクシーボディーに近づける! ということになります。

魅力的なお尻にするには、大臀筋(お尻)と中臀筋(お尻の横)の2種類の筋肉を鍛えてみましょう。両方を鍛えることによって、より一層ヒップアップできます。

下記では、自宅で簡単にできる方法をご紹介。器具を使わず家にあるものを使うだけ! 筋トレ未経験の方でもサクッとできちゃいますよ。

<ヒップリフト〜大臀筋〜>

▲大臀筋(お尻)を鍛えるトレーニングとしてオススメ。仰向けに寝た状態で、お尻を上に持ち上げます。この動作を10〜12回×2〜3セットをくり返しましょう。足を開く幅や、足を置く位置によって負荷が変わります。大臀筋に(お尻)にもっと聞かせたい場合は、足幅を大きく開いて骨盤を前に出すようにしながら、お尻を上げていきましょう。

 

<サイドヒップレイズ〜中臀筋〜>

▲中臀筋(お尻の横)を鍛えるトレーニングとしておすすめ。横向きに寝て、足をくの字にそろえます。つま先を地面から上げて、そのままの状態でヒザを上下に開くようにしていきます。この動作を30回連続でおこないましょう。右が終わったら、今度は左側も同様にしてください。わたしもチャレンジしてみましたが、これ、キツイです(笑)でもキツイ分、効果も高いので頑張ってチャレンジ!

 

まとめ

今回は女性の大敵な脂肪を、視点を変えておはなししてきました。はじまりは、筆者のわたしが自分ってなんでこんなに太っているんだろうと、脂肪を悪者扱いすることからはじまりました。

ですが、それはわたしだけの価値観。違う人から見れば脂肪は魅力な部分になることもあるということです。わたしは太っているからと、ネガティブにとらえていませんか?脂肪こそ女性の魅力です。

その魅力とは「あなたを女性らしく見せてくれる」、「脂肪がつけられるのも才能のひとつ」、「セクシーボディーに近づける」この3つでした。

脂肪が多いと悩んでいる女性でも、今後、いくらでも素敵な女性になれる可能性が、あなたにはあるはずですよ。

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形でブサイクから生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間6万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※今年の2月に顔面骨格の美容整形をうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします