恋愛

男性からクリスマスデートに誘われたフレーズ「ベスト5」まで集めてみた

クリスマスネタ第2弾。男性必見! クリスマスデートの正しい誘い方とは4つのポイントが重要?の続き。

こんにちは、seinaです。美容整形を6回くり返し、ブサイクからまあまあな顔を手に入れました。それからデートに誘われることが増加。

デートと言えばあれですよね? そう、「クリスマス」です。今回はクリスマスネタなんですけど、お恥ずかしながらクリスマスデートにも何度か誘っていただけるようになりまして。

その誘われた時のフレーズをベスト5まで集めてみました。どんな風に誘えば女性の心をつめるのか? 高ポイントなデートの誘い方は? についても、ご紹介していきます。

 

第5位「映画見に行かない?」

4slz_rck6kq-lloyd-dirks

第5位は「映画見に行かない?」です。5位の理由は普通すぎてつまらないから(笑)クリスマスに映画に行くのは嫌いじゃない。

だけど、なんかこう、もう1つひねりのあるお誘いがほしかったかな〜と。映画となると暗い館内で2人きりで過ごせるから、ドキドキ感を味わえたりします。

が、メインは映画なわけです。会話する時間が少なくなるので、親密な関係にはなりずらいかも。映画の後に食事やお茶をしたりして、コミュニケーションの時間をとりましょう。

第4位「居酒屋で一杯やりませんか?」

第4位は「居酒屋で一杯やりませんか?」です。居酒屋好きですよ。焼き鳥とか美味しいから。でもクリスマスに居酒屋って!(笑)

ツッコミを入れたくなるのはわたしだけ? 友人とクリスマスにひとりぼっちなのを、なぐさめ合うために居酒屋で飲む。とかならわかりますけど。クリスマスデートに居酒屋はナンセンスでしょ〜。

ただ、第4位にランキング入りした理由は、クリスマスに居酒屋をチョイスしてきた面白さ。ユーモアがある誘い方をすると、もしかしたらのってくれるかも。

第3位「ネコカフェに行こうよ!」

zul8zfse-ky-linh-nguyen

第3位は「ネコカフェに行こうよ!」です。う〜ん、ネコ好きなわたしにとっては魅力的なフレーズ。間髪入れずに「うん!」って言いたくなるところです。

わたしの好みをよーくわかってくれているんだな〜と。楽しませようとする男性の姿勢にも乾杯って感じですね。

ただ、かわいい動物を使ってデートに誘うって、ちょっとイヤらしさがあるので、使うときは相手を選んで。最悪なのは、「犬飼ってるんだけど見に来ない?」とか、イヤらしさ満点の誘い方はやめておきましょうね。

第2位「美味しいケーキ屋さんがあるから食べに行こうよ」

第2位は「美味しいケーキ屋さんがあるから食べに行こうよ」です。なんかいい! 美味しケーキ屋さんに行くという、具体的なデートの目的があるのは高ポイントです。

デートプランを考えてくれたところにも胸キュン。しかも、女性なら大体好きであろう「ケーキ」。

行く行く! ってなりますよね。クリスマス感があるのも、イベントっぽさがあるのもいい。デートに誘うなら「具体的なデート目的+女性の好み」この組み合わせがGood。

第1位「時間があったらご飯食べに行きませんか?」

photo-1479803244419-b24dfe9cbafa

堂々の第1位は「時間があったらご飯食べに行きませんか?」です。シンプル・イズ・ベストとはこういうこと。クリスマスデートに誘うなら、シンプルにストレートでいいんです。

男らしく見えるし、男性の気持ちが読みとれます。

時間があったら=控えめで謙虚な姿勢
あなたと食事に行きたい=わたしに好意があるかも

この「時間があったらご飯食べに行きませんか?」だけで一気に男性として意識しはじめます。ここで、女性の好きな食べ物とセットにして誘うと、もっと高ポイントかもしれないですね。

 

まとめ

男性からクリスマスデートに誘われた時のフレーズベスト5を集めてみました。

  • 第1位「時間があったらご飯食べに行きませんか?」
  • 第2位「美味しいケーキ屋さんがあるから食べに行こうよ
  • 第3位「ネコカフェに行こうよ!」
  • 第4位「居酒屋で一杯やりませんか?」
  • 第5位「映画見に行かない?」

第1位〜第5位までは上記のとおり。こうして私がいいな〜と感じた誘い方を見てみると、高ポイントだった点は4つにわかれます。

  • クリスマス&デート感のある誘い方
  • シンプルな内容
  • 具体的な目的がある
  • 女性の好みを知っている

この4つポイントを使いながら、デートに誘ってみてください。女性の心をグッとつかめること間違いなし!

 

ポイントサイト用
LillyWhite(リリーホワイト)
美容整形

Twitter でフォロー

これだけは読んでほしい記事

美容整形
PAGE TOP