仕事

2018年4/7(土)【「好き」と「ネット」を接続するとあなたにお金が降ってくる出版記念セミナー】に出席 これからの時代を生きる道標が詰まっていた

こんばんは、筋トレ・美容整形好きWebライター・ブロガーのseina(@st_0905)です。

昨日、市ヶ谷駅近くにある会議室におジャマしました。

プロブロガー・作家・心理カウンセラーとして幅広くご活躍されている『立花岳志(たちばな たけし)』さんの出版記念セミナーに出席するためです。

セミナー内容は、今年の3/23に発売された新書【「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる】の内容をもとにした講義で、

本の内容をすべて紹介するのではなく(時間的に難しいので)、本の中でもここだけは伝えたいエッセンスを凝縮した内容でした。

SNSやインターネットが普及している現代。

AIが発達し、これから人間の仕事が奪われていくかもしれないと言われているなか。

これからの時代を生きる道標が詰まっているような、そんなセミナー内容でした。

セミナーに出席してしてビビッときたこと

①成功者には成功までの地道なプロセスがある


▲セミナーでお話しするタッチーさん

セミナーの講師の立花さんは(以下、タッチーさん)、現在ブロブロガー・作家・心理カウンセラーとしてご活躍されています。

ですが、ご活躍される以前は、105kg肥満体型で、普通のサラリーマンだったそうです。

そこからダイエットを開始し、−25kgのダイエットを成功!

ブログを書き続け、会社を独立。

月間169万PVまで成長させ、2012年には「ノマドワーカーという生き方」を初出版。

これまで7冊の本を出版されました。

といように、タッチーさんは「成功者」な訳ですが、そんな姿を客観的にみると、現在の輝いている姿しかみえません。

大勢の前で話し、自信があり、堂々としている。

「この人は特別だったから成功できたんだ、わたしとは違うんだ」

「わたしは元が悪いから、できるわけがない」と、別の人種に思えてしまうんですね。

ですが、セミナーでは成功するまでの地道なプロセスをお話ししていただき、成功者にもどん底だった時代があることを、身近に感じられました。

わたしも、かれこれ10年前はどん底でした。

ブサイクで70kg越えのおデブ。人生も、女としても諦めていました。

まだまだ成長過程ではありますが、なんとなくタッチーさんのどん底時代と重ねてしまう部分があります。

だから「これから成長できるはずだ!!!」と、勇気と希望を与えていただいたような、そんな気分になりました。

②情報を発信し続けたものが最強

「情報発信」と一口に言っても、現在は色んな種類があります。

ツイッター、インスタグラム、フェイスブックのSNS。

アメブロ、はてブなどのブログ。

これらの情報発信ツールを利用している人は多いですが、ほとんどの人は近況報告や、友人や家族とのコミュニケーションで終わっています。

情報発信ツールの使い方はひとそれぞれですし、近況報告や、友人・家族とのコミュニケーションとして使っても全然問題ありません。

誰もがやることですし、わたしもやります。

ですが、これでは情報を受信する立場だけで終わってしまいます。

強いのは、近況報告を発信するのではなく、正しく情報発信をできる人です。

はじめはとにかく、なんでもいいから情報発信してみる。

「自分=○○の人」と思われたいのであれば、自分の「好き」や「得意」なことを発信してみること。

すると、「好き」や「得意」に磨きがかかり、自分の強みになる。

さらに「1度発信したら終わり!」ではなく、発信しつづけられる人が最強です。

長期的に発信しつづけられる人というのは、1万人に1人よりも少ない割合だからです。

希少価値が高いわけですね。

そんな人に、なっていきたいなと思います。

③お金を稼げるようになるには「自己否定」をなくすこと?


▲セミナー開始前の光景

セミナーのなかで、「自己否定があるといつまでたってもお金は稼げないよ」という内容が出てきました。

「自己否定」という単語に、自分と重なる部分があったので、簡単にお話しします。

当ブログ「美しくなければ生きていけない」を運営して、1年半がたちます。

毎回スラスラと書いているわけではなく、さまざまな部分を事細かく考えながら、記事をつくっています。

構成や文章はもちろん、どんな写真を使えば見やすくなるか、どこに入れようかなど。

記事を作るまでのプロセスが「すごいでしょう!」というわけではなく、ただ、ひと記事書きあげるごとに、ドッと疲れるのが正直なところです。

落ち込んでいるときは、「こんなわたしが記事を書いたところで…」と思うこともあったり。

また、ブサイクなわたしがここまで変われたことを示し、「女性に勇気や希望を与えたい」が当ブログの方針の1つなのですが、

本質的に、自分のことをこれっぽっちも美人だとか思っていませんし、美容整形してこのレベルなのか…と落ち込むことは多々あります。

おいおい、そんなんで人に何かを与えられるの?って感じですが。

というように、自己否定の塊なんです。

では、自己否定をなくしてお金を稼げるようになりたいの? ということになりますが、ブログ運営は「お金が欲しい、稼ぎたい!!!」と、損得勘定でやっているわけではありません。

損得勘定だけだったらとっくにやめていますから。

そもそも「お金を稼げる人=社会に役立っている」わけですから、社会に役立てれば結果的にお金が入ってくるようになるんですよね。

つまり稼いだお金の金額は、社会に貢献した対価です。

・お金がほしい→ブログを書く

ではなく、

・誰かの為になったブログが書けた→対価として報酬が入る

というわけです。

わたしの場合、つよい自己否定が、お金を稼げる人、つまり社会に役立てる人に成長するストッパーになっているような気がするんですよね。

今後の課題の1つに「自己否定をなくす」を加えようと思ったのが、セミナーで得られたことでした。

では、具体的に何をするのか?


▲セミナーの集合写真(360°撮影できるシータでパシャり)タッチーさんの横を陣取る白くて丸いやつがわたしです

セミナーに出席すると、憧れな人に会えたことや、出席したこと自体に満足しがちです。

セミナーに出席した目的が、講師に会いにいきたかった、話を聞きにいきたかったならそれでいいと思います。

ですが、わたしの場合はブログ運営ですから、得たことを持ち帰り、実際に行動しないと現状は変わりません。

具体的に何をしてみたいと思ったのかを、まとめていきます。

■自己否定をなくそう
先ほども言ったとおり、成長の妨げになっている「自己否定」を徐々になくしていきます。

ただ自己否定って根強いものですから、どう解消すればいいのかは検討中。

心の問題だから、カウンセリングがいいのかもしれないですね。

■親指シフト
大量に文章を書いている方をみると、親指シフト率が高いんですね。

※親指シフトとは、日本語を効率的に入力できるキーボード入力のこと

もちろんタッチーさんも親指シフトで、元新聞記者(現在ブロガー)のカレも親指シフトです。

わたしは現在ローマ字打ちで、気合を入れたら1000文字なんてあっという間なのですが、指が絡まること絡まること。

前から切り替えよう、切り替えようと思っていましたが、行動に移せず現在にいたり…。

セミナーで親指シフトの話が出てきたので、これをきっかけにいい加減親指シフトに切り替えます。

■書評を書こう
タッチーさん、年間200冊もの書評を書くマイルールをつくって実行されたそうです(スゴイ!)

本を買ったはいいものの、買って満足して並べている本も多数あります。

ただ本を読むだけでもいいのですが、書評を書くことで頭の中にインプットされやすくなるんですよね。

頭の中の引き出しが増えるというか。

月5冊、年間60冊でもいいから書評書こう!

■ブログのためにお金を使おう
ブログをもっともっと潤わせていきたい。

誰かに役立つ記事を、より一層書いていきたい。

その為に、めちゃくちゃお金を使ってやります(破産しない程度に)

手術の論文は目を通しているのですが、最近気になっているのが美容外科の専門書です。

だいたい、1冊1〜4万円ほど。

▲「美容医療超実践講座」とか、ものすごく読みたい…

▲医者でもないやつが読んでも仕方ないのかもしれませんが、手術の手順を深く理解するには必需かもしれません

上記の本は図書館で手軽に読めるものではないですし、ヤフオクやメルカリだと即完売します。

なので、新品で買ってやります!

中身を見たことがないので、ブログでどう生かすかは読んでからではわかりませんが、美容整形の知識を深めるために買って損はないでしょう。

ドキドキしながらブログについて質問してみた

在宅100%で仕事しているので、人前で話すことは滅多にありません。

今回のセミナーでは100人ほどいらっしゃっていたのかな?

そんな大勢の前で、タッチーさんに質問してみました!

それはもう、心臓がばくばくして口から出そうになりつつ、噛みまくりながらです。

タッチーさん、レディーファーストで選んでいただきありがとうございます。

質問内容はこちらです↓

Q.「美しくなければ生きていけない」というブログを運営しています。ブログは毎日更新するのがベストだとは分かっているのですが、月10本も書けていないのが現状です。
その理由は、1記事1記事に時間をかけ、力を入れているので、書き終わった後はドッと疲れ、燃え尽きたような感覚になります。なので、次の記事にうつるまでに時間がかかり、本数がかけません。この燃え尽きたような感覚には、どのように対処すればいいのでしょうか?

この質問に対し、立花さんからの具体的なアドバイスはこちら↓

A.この質問には2つの解決方法があります。1つめは、月10本という記事を書き続けられているなら、無理に更新頻度を上げなくてもいいこと。
2つめは、ブログとは別にエッセイや雑記というジャンルを設けて、そこではラフに書くこと。力を入れて書く記事と分けて、メリハリをつけて更新していくのがいいと思います。どちらを選択するかは、心地よい方を優先してみてください。ただ、出版したいのであれば多目的なブランティングを作る必要があるので、エッセイや雑記で記事を書くのがオススメです。

去年あたりからわたしをモヤモヤさせる悩みだったので、具体的な解決策をいただけてスッキリできました。

勇気を出して質問してよかった…。

タッチーさん、ありがとうございます!

セミナー講師 立花岳志さんの詳細プロフィール

「タッチーさんってどんな人?」と思っている人のために、「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくるに記載されていた、立花岳志さんのプロフィールを引用させていただきます↓

年間1,000万PVブログ「No Second Life」を主宰。会社員の傍ら始めたブログが人気を博し41歳で「ブロガー」として独立。

ブログを中核とした個人の情報発信で、出版、広告、セミナー運営、企業研修、コンサルなど幅広い分野で活躍中。また、自身の度重なる燃え尽き体験から岡部明美氏に師事し実践的心理療法を学び、2015年より心理カウンセラーとしても活動している。

2014年6月には株式会社ツナゲルを設立し、代表取締役兼CEOに就任。現在、東京六本木と鎌倉のデュアルライフを送るなど、情報発信を通じて自由に豊かに生きるライフスタイルを自らが体現している。

著書に「やせる「仕組み」で人生を劇的に変えるiPhoneダイエット」、「ノマドワーカーという生き方」、「サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法」などがある。

▲立花岳志さんが新刊はこちら。序盤は以前出席したセミナーの内容が書かれていました。

個人的に読み込みたいと思ったのは第4・5章です。

これからブログで情報発信していきたいと思っている方には、これ1冊あれば十分なくらいですし、

すでに情報発信が中級レベルにきている方にも、多くのことを学べます。

こんな記事もおすすめだよ

・ロングヘアーに12年間こだわり続けた私がヘアドネーションをするまで

・美容整形をするとなぜ「整形顔」になるのかを分析してみた

・24歳の私が46歳のオジさんと結婚して密かに思っていること

・念願の21.5インチiMac を購入! パソコンの知識は皆無だけど独断でレビューしてみる

ポイントサイト用
LillyWhite(リリーホワイト)
美容整形

Twitter でフォロー

これだけは読んでほしい記事

ポイントサイト用
PAGE TOP