マレーシア女ひとり旅4泊5日② クアラルンプールの宿をチェックアウト プタリンジャヤの宿に移動しブログを書き、ショッピングモールに行ってのんびりした1日


こんにちは、筋トレ・美容整形好きWebライター・ブロガーのseina(@st_0905)です。

マレーシアから帰国して、あっという間に日が経ち、

「そういえばマレーシア行ったなあ〜」と、過去の出来事になりつつあります。

記憶が新しいうちに、マレーシア旅行記を書き留めておきましょう。

今回は、マレーシア2日目です!

▼マレーシア1日目の記事はこちら
・マレーシア女のひとり旅4泊5日① クアラルンプール国際空港で迷いながら友人と再会 マッサージを受けチェックインをしてショッピングモールに行った1日

KLからPJの宿に移動 チェックアウトしたいけど鍵はどうすればいいの?!

マレーシア2日目は、KL(クアラルンプール)の宿⇨PJ(プタリンジャヤ)の宿に移動するのが大きなミッション。


▲チェックアウト前にパチリ

しかし、チェックアウトの際に、いきなりトラブル発生!

鍵はどこに返せがいいのか、オーナーに聞いてませんでした…

PJの宿のチェックイン時間が迫ります。

さっそくオーナーにメールで連絡をしてみると、

KLのオーナー
Drop. On the table pls!

と、返事が。

みなさん、オーナーがなんて言っているかわかりますよね?

でも、私は「テーブルの前で待ってて」と解釈したんです。

一応、翻訳をかけたら「降りる、テーブルの前で好きにしててください」みたいな結果が出たので、それにも影響されて。

また、KLの宿はセキュリティーが厳しいコンドミニアムタイプで、

エレベーターに乗るとき、エレベーターの外にある扉からでるときも、タッチ式のカードが必要なんです(これに部屋の鍵がついてる)

なので、鍵置いていったら出られないじゃない!

きっとオーナーは迎えにきて、下まで見送ってくれるんだろうな〜なんて思い、

来るはずのないオーナーを、30分くらい待ったのでした。ちゃんちゃん。

ちなみに、本来の英訳は「鍵をテーブルの上に置いて行ってください」です。

友達助けを求めて教えてもらったから良かったものの、しばらく待っていたかもしれない。

バカ丸出しである。

タクシーでプタリンジャヤの宿にチェックイン 部屋でのんびりしつつブログを書く

KLの宿→PJの宿までは、タクシーで約30分。運賃はRM28(約800円)

中心地に近い、もしくはコンドミニアムのような大きな目印になるところにいるほど、Grab(グラブ)は捕まえやすいです。

グラブってなんじゃらほい? という方は、以下の記事からどうぞ↓

>マレーシア初旅行で『11のミッション』を攻略するよ

PJの宿に到着後、オーナーとメールでやりとりしながらエントランスで落ち合い、無事にチェックイン!

警備員に怪しまれなかったぞ!

事前にあまり英語が話せないと伝えてあったので、簡単な英語ではなそうとしてくれました。

優しいし、ありがたい!


▲PJの宿はこちら!

キレイ、可愛い、広い! シェアハウスじゃない!


▲テーブル可愛い!


▲カップタイプの水

冷蔵庫を開けたらこんな水がありました。

ストローをサクッと刺して飲むんです。面白い。

その後、部屋がキレイで快適すぎたのでのんびりしつつ、

マレーシア1日目の記事を夕方まで書き、いよいよ行動開始です。

PJの宿は安いし、キレイで、利便性もいい(近くにショッピングモール、駅がある)

オススメです!

>PJの宿『The Grand』はこちら

ショッピングモールへ腹ごしらえ スーパーで買い物するもレジ袋が英語で言えず店員に呆れられる

PJのオーナー

あなた日本人だよね?買い物好き? 近くに歩いていけるショッピングモールがあるよ!(英語)

と、教えてもらいました。


▲部屋から見ると、すぐ左手に!

マレーシアは自動車大国で、道路は広くビュンビュンと車が通っています。

歩行者用の道がなく、徒歩で目的地までたどり着けないことがあるのですが、

今回はたまたま立地が良く、徒歩でショッピングモールに行ける距離にありました。

飲み水、朝食を仕入れたかったから、大変ありがたい。

この日は果物とヨーグルトしか食べていなかった私。お腹はペコペコ。

早速レッツゴー!


▲マレーシアのショッピングモールは、無駄に広いのに案内図が少ない。

ショッピングモールにはかなりの数のお店があり、マレーシア料理、インド料理など、さまざまなジャンルの料理をいただけます。

しかし、選択肢が多いとどうも悩む。

悩みに悩んだ挙句、『Chili ‘s』というお店に入店。

なぜこのお店を選んだのかというと「チリ=辛いものが食べられる」という、悩みすぎた末の変な結論でした。

(実際、辛い料理はなかったw)

座席についてメニューを見せてもらうと、通常の2倍くらいする価格帯。

抜け出したかったけど、席を通されては仕方ない。腹をくくって食べましょう。


▲チキンサラダボールRM32.95(ソテーした鶏むね肉、小豆+ライス、サルサソース、アボカド、上にカリカリした何かがのってる)

美味しい!

俳優の井浦新さん似のイケメン店員が、

店員さん
お水いりますか? お味はどうですか?(英語)

すごく良い接客をしてくれたのもあり、胸もお腹も満足でした。

そして帰り道、ショッピングモール内にTesco(テスコ)という大きなスーパーを発見!

次のミッションは、ワクワクの食料調達!


▲Tescoのレジ


▲日本とは全然違うので、スーパーをグルグルしてるだけでも面白い


▲購入品は、水、リンゴ、ヨーグルト、ツナ缶。

調理器具や調味料が揃っていないので、そのまま食べられるものを中心にチョイス。

りんごはまあまあ安くて、6コ入りでRM10(約300円)。

1つないのは、食べちゃったからです。

スーパーで驚いたことといえば、カートが有料なこと。


▲使い方が分からず、ガシャガシャやってたのは内緒。

といってもRM0.5で、カートを戻せばお金が返ってくるシステム。


▲「お札を入れてコインに両替してね」的なことが書いてあるはず。

小ネタなんですが、レジ袋って英語でなんていうか知っていますか?

答えは、『plastic bag(プラスチックバッグ)』です。

わたし、マレーシアに行く前に英語の勉強はしていましたが、知らなかったんです。

なので、お会計のときに、

Seina
Can I have a bag,please?(バッグもらえませんか?)

bagといえば伝わるだろうと思っていたら、伝わらない!!!!

よく分からない英語で聞き返され、答えられずに呆れ顔。

半泣きになりつつリベンジして、

Seina
I want to a shopping bag…(買い物バッグが欲しい)

と伝えると、

店員さん
plastics bagのことね! あーはいはい(英語)

やっとレジ袋1枚もらえました!

英語がわからないって、本当に辛い。

けれど、失敗をバネに頑張るしかないですね…

マレーシア2日目で使った金額


▲宿のプール

  • KLの宿→PJの宿までのタクシー代RM26
  • ホテル代3泊分RM500(宿代はRM490だけどチップとして+RM10)
  • ショッピングモールでの夕食代 RM32.95
  • スーパーで買い物 RM30.90

合計金額 RM589.85(16,438.25円)

※レートはRM1=27.87 円計算(2018年7月12現在)

こんな記事もおすすめだよ

・美容整形女子のゴールデンウィークの過ごし方 BBQをして映画鑑賞をするの巻

・俺のイタリアンJAZZで最高のディナーを

・早起きした休日は自然たっぷりな「ふなばしアンデルセン公園」で夫婦デートをしよう

・6年間音信不通だったマレーシア人の母に国際郵便を出してみた

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形でブサイクから生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間6万PV】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※今年の2月に顔面骨格の美容整形をうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします