ブログで減量宣言! 20代女子は筋トレでどこまで肉体改造できるのか?

以前のブログで「面白いブログとは何か?」を書きました。

面白いブログを書くためには、何か新しいチャレンジをする過程をのせよう! ということだったので、今回、新しいことにチャレンジする宣言をします。

テーマは【肉体改造】です。

太りに太ったカラダが、筋トレしながらどこまで変化できるのか? 恥を捨てて、すべてをさらけ出していきます!

今の身体で本当にいいんだろうかと自分に問いかけてみる

このままでは死ねない! 筋トレをしながら順調に肥えた結果は・・・なんと66kg!

dav

▲2017年2月1日(水)のわたし。身長166cm・体重66kg。

現在、マシュマロマンのような体型です。これは酷いしヤバイすぎるよ・・・ということで2017年2月1日(水)から減量をスタートさせました。

今はこんなにポニョっとしてますが。以前はスリムなときもありました。なんでここまで太ったのか? 詳しい減量宣言の前に、わたしの体重編歴からご説明しましょう。

体重偏歴
小学6年〜中学1年:43〜45kg
太るのが怖くて、変なダイエットサプリや、偏った食事をしていた。

中学2年:65kg
過食グセがはじまり、20kgの激太りをする。栄養や食事の知識はなく、パン、お菓子、パスタなどをめちゃめちゃに食べていた。

中学3年〜高校時代:65〜66kg
中学に入っても過食グセはなおらず、体重は平行線のまま。

大学時代:66〜58kg
大学に入ると、まわりの女の子がめちゃくちゃ細いことに危機感を持ち、ダイエットをはじめて8kgのダイエットに成功する。初カレができる。

フリーター時代:58〜68kg
精神的に落ちこむことが多く、過食グセが再発。一気にリバウンドする。しかし、このままではダメだとダイエットを再開。

水商売時代:60〜58kg
ある程度体重が落ちたので、ずっとやってみたかった水商売をはじめてみた。
仕事柄太らないように、かなり気をつけていた。(夜は絶食とかはザラ)

フリーモデル時代:56〜57kg
水商売時代と並行して、フリーのヌードモデルをしていた。ヌードは隠すところがないので、撮影の1周間前からキツイ食生活をして体重を落としていた。プロテインのみで断食とか、糖分と塩分はカットとか。

在宅webライターをはじめたころ:62〜64kg
水商売をやめ、モデルもおやすみして、在宅webライターに転身。人から見られなくなると、美意識が急降下。体重はポーンともどり、60kgを超えるなんてあっという間。

2017年2月1日現在:66kg
一応筋トレはしていたが、好きなように食べていたのは相変わらず。久しぶりに体重を測ってみると体脂肪率に変動はなかったが、2kg増えて66kgに。筋力がアップしたと信じたいところ。

中学時代でポーンと20kg激太り。そこから水商売時代やフリーモデル時代は、スリムな体型ではありました。が、しかし、早く体重を落としたいからと、絶食をしたり無理な食事制限をする日々でつらかった記憶も。

キツイ食事制限に運動を続ければ、その時はスリムな体型になれます。でも、一時的なんですよね。食べたら食べたで、スポンジのように吸収していって、あっという間にリバウンド。

減量は続けられなければ意味がありません。わたしがやっていた方法はキツイだけだったので、自分からリバウンドをまねいているようなものでした。

IMG_20170202_135259

▲フリーモデル時代。この日の体重は57kgくらい。

過去の写真をみると、10kgほど体重ちがうので、さすがに全体のシルエットが変わってきますね。アゴのライン、ウエストもスッキリ。(お尻はぺったんこだけど)

過去と今を見比べみて、今の体型で美しいといえるのか? 答えは「NO」だ!

タイトなドレスを着てお店に出たり、フリーモデルをしていたころは楽しかった。

今も今で、在宅で仕事をしてストレスが減った生活もいいけど、人生に刺激がほしい。過去の自分、いや過去以上の自分を目指してみよう。

減量プランはどうなってるの?

5ヶ月で10kgの除脂肪を目指す!

筋トレをしながら体重が増えたので、すくながらず筋肉が増えている可能性はあります。となれば、脂肪が落ちればかっこいいカラダになれる見込みがあるわけです。

マシュマロマンのような体型から、かっこいいカラダになりましょう。

具体的な減量目標は5ヶ月かけて-10kgになること。

つまり56kgになることです。しかし、ただ体重を落とすのではなく、優先して落とすべきなのは「体脂肪」です。

減量するとなると早く痩せたくなりますが、以前のように無理な食事制限をすると、体脂肪よりも筋肉が落ちる可能性が高くなります。

せっかくつけた筋肉も落ち、リバウンドする確率が高くなっては、同じことのくり返し。

まず、今回の減量では筋肉は維持のために、カロリーを下げすぎず、ゆっくり体脂肪を落とす方向で進めていきます。無茶なことはせず、続けられる方法でジワジワと。

カロリーを下げれば、筋力アップは難しいのだけど、場合によっては筋力アップできることもあるそう。タンパク質を多めにとり、高重量の筋トレは継続しながら様子をみたいですね。

減量スケジュールはこんな感じ↓

・2/1〜2/28(−2kg)
・3/1〜3/31(−2kg)
・4/1〜4/30(−2kg)
・5/1〜5/31(−2kg)
・6/1〜6/30(−2kg)

7/1までにトータル10kgの減量が完了している予定です。

月にすると2kgの減量ですが、週あたりにすると500g減量すればいいことになります。こう見ると、ハードルがグッと下がりますね。

具体的な減量のルールはどうする?

ルール①:体重とウエストの測定は週1回すること

dav

▲体重の記録はこんな感じでノートにつけていきます。

体重測定は毎日やるべきですが、わたしの場合は体重の増減にメンタルをやられやすいので、体重測定は週1回のみの測定にします。

月2kgの減量であれば、週に500g落ちていればいいので、ちゃんと計画通りに落ちているか確認すること。

500g落ちていない時の対処法は、主に糖質カロリーを減らして調整。

体脂肪が正しく減っているかをみるために、体重と同じくウエストのサイズも週1回測定します。家庭用の体重計で出る体脂肪率は、あまりあてになりません。

なので、一番脂肪の多いウエスト周りのサイズを記録して、減っているかどうか経過をみます。

※体重・ウエストの測定は、統一性をもたせるため起床直後に計測します。

ルール②:カロリー・PFCバランスは毎日記録する

dav

▲食事のカロリーと、PFCの記録の図。

毎日記録するものは、摂取カロリーとPFCの計算です。何をどれだけ食べているのか、タンパク質が足りているか、糖質はとりすぎていないかを把握するためです。

野菜・海藻・きのこ類はカロリーに含めません。これらを食べすぎても太る要素はないし、いちいち面倒なので、PFCのみ計算をします。

ただ淡々と毎日続けてみよう

dav

▲減量前日は焼肉食べ放題へゴー! 極厚カルビ、美味しかった・・・。

減量は継続が肝心です。1日続けたから痩せるわけではなく、積みかさねてこそ結果がでる。

ここで減量宣言しちゃったので、7月末には10kg痩せてないと恥ずかしすぎる。毎日淡々と続けて結果を出していきます!

自分にカツを入れるためにも、ブログにしてよかった。減量、頑張ろう!

続きはこちら→減量期の摂取カロリーとPFCバランスの正しい計算方法



この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形でブサイクから生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間6万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※今年の2月に顔面骨格の美容整形をうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします