在宅webライターの1番の恐怖って知ってる?

在宅でライターをしていて、めちゃくちゃ怖いなと思ったことがあったので、告白してみます。考えただけでも、顔面蒼白!

在宅webライターの1番恐怖とは・・・パソコンが壊れることだ!

同棲中のカレのパソコンを使って、毎日お仕事しております。在宅webライターにとって、パコソンがないと致命的。

そう、「パソコンが壊れることこそ、在宅webライターにとって1番の恐怖」なのです。

恐怖といえば、去年の春のこと。わたしの不注意で、カレのパソコンに、お茶をぶっかけてしまったことがありまして・・・。
カレもパコソンを使いながら在宅で仕事をしていたので、パソコンは必要不可欠なわけです。

お茶をかけてしまったその瞬間・・・顔色が一瞬にしてかわり、その場の空気感がサーッと冷たくなる。怒られて当然のことをしてしまったのですが、感情的に怒ったりしませんでした。

しかし、終始、無言で無表情。(逆に怖い)とにかくヤバそうな雰囲気がつたわってきました。

そのころのわたしは、まだ在宅webライターをしていなかったので、そこまで、パソコンの重要性は気がついていなかったんですよね。パソコンは修理すれば、なんとかなってくれるだろうと。

しかし! 今となってはカレと同じ、パソコンを使ってお仕事をする身。「修理すればなんとかなる」ではすまないのです。

パコソンで記事を書いたり、クライアント様と連絡をとるので、1日パソコンを使えなくなっただけでも相当こまるんです。

反対に、わたしが使っているパソコンにお茶をぶっかけられたら、「なんてことをしてくれたんだ!」と、むきーっと激怒するでしょう。

カレがとにかくヤバそうな雰囲気を出していた理由にも、今なら納得できます。
それほどパソコンは重要で、壊れた時が一番の恐怖です。いやー、怒らなかった寛大さ。いい男ね・・・(笑)

人生に保険をかけるのはダメだけど、パソコンが壊れた時の保険はかけたい!

うまいこと言おうとして、よくわからない見出しになりましたが、要は「予備のパソコンがほしい」ということです。

▲今、使っているパソコンはMacbook12。(カレのだけど)

バックアップも時々しています(カレがやってくれるけど)

▲薄型ですごいやつ(カレのだけど)

薄型で、かるい。持ち運びにも最適で、動きもはやい。フリーズも少ないです。よき相棒!

Macもう1台欲しいんだけど、アップルってローン組めないの?

何かあった時のためにも、Macもう1台ほしいところ。でも、パソコンを1台ひょいっと買える余裕もない。

カレに「パソコンほしいけど、お金ない」的なはなしをしてみたら、「そういえばアップルってローン組めなかったっけ?」と、一言。

(本当は買ってほしかったんだけど、パコソンを拝借してメンテもしてもらっている身なので、図々しいことは言えない)

調べてみたら、アップルさんローンやってました。24回払いで金利ゼロだって!

オリコと提携しているらしく、審査が通れば金利ゼロでローンがくめるらしい・・・。→アップルローンの詳細はこちらから

そもそも、在宅webライターって審査通るのか、むずかしいところ。

アップルローンも視野に入れながら、予備のパコソンを手入れたいです。

頑張って働きま〜す!

わたしのよき相棒「Macbook12(Early 2016)」

▲薄くて軽くて、持ち運んでもジャマにならない。なんと、重さは902g! どおりで軽いわけだ。

この記事を書いた人

Seina

Seina

筋トレと美容整形好きWebライター·ブロガー/美容整形で生まれ変わった人/運営ブログ【美しくなければ生きていけない/月間5万PV以上】では美容整形、筋トレネタを中心に執筆中。プロフィールの詳細は「こちら」からご覧ください。※顔面骨格の美容整形を今年の2月にうけました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします